常陽銀行/ 定期預金金利・住宅ローン金利・手数料・店舗ATM数比較

常陽銀行ロゴ
オススメ度:
2
社名:
常陽銀行
創業:
昭和10年(1935年)
本店:
茨城県水戸市南町2丁目5番5号
展開地域:
茨城県他
総資産:
7兆9,711億円(2013年現在)
自己資本比率:
12.7%

常陽銀行は定期預金はイマイチだが住宅ローンなら申し込む価値あり?

常陽銀行は茨城県水戸市に本店を構え、同県を地盤としているが、隣県の栃木・福島県を始めとした関東圏にも進出している。また、総資産の7兆円は茨城県に本店を置く銀行の中でトップだが、全国でも横浜銀行福岡銀行などに次ぐ第5位の規模を誇る。2012年にはシンガポール事務所を開設するなど、茨城の企業の海外進出のサポートにも動いている。

常陽銀行の金融商品及び各種サービス

最近では、特に個人向けローンの金利引き下げに積極的なようで、対象となっているのは住宅ローン・リフォームローンから、マイカーローン・教育ローンといった目的別ローンまで幅広い。その一方で定期預金に関しては、退職金専用の金利上乗せの定期預金こそ存在しているが、それ以外では特に目立った商品はない。春夏秋冬のキャンペーンこそ存在しているが、こと定期預金については金利アップがされずメリットが薄いと言わざるを得ない。

また、他の地銀との提携は進んでおり、東邦銀行・千葉銀行・横浜銀行・東京都民銀行・武蔵野銀行などの関東圏の地銀のATMでは、平日昼間のATMの出金手数料が無料になっている。関東圏を移動する人には便利なサービスといえるだろう。

さて下図では、茨城県内で展開する他の銀行と、2013年現在の5年ものの定期預金の金利・10年固定の住宅ローン金利・手数料・県内での店舗ATM数等を比較した。振込み手数料が2段の場合は上段は3万以下、下段は3万以上とした。また、ゆうちょ銀行は月6回以上の振込みで手数料110円が発生し、みずほ銀行の定期預金の金利はネット支店なら0.14%と0.16%に上昇する

銀行名 常陽銀行 筑波銀行 水戸信用金庫 ゆうちょ銀行 みずほ銀行 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行
定期預金金利
(300万未満)
0.03% 0.03%
※0.08%
0.03% 0.06% 0.03%
※0.10%
0.03% 0.03%
定期預金金利
(300万以上)
0.04% 0.04%
※0.09%
0.04% 0.06% 0.04%
※0.10%
0.04% 0.04%
大口預金金利
(1000万以上)
0.06% 0.06% 0.06% 0.06% 0.05%
※0.10%
0.05% 0.06%
退職金
特別金利
1.6%
※3ヶ月
1.7%
※3ヶ月
2.0%
※3ヶ月
- 1.6%
※3ヶ月
1.5%
※3ヶ月
1.4%
※3ヶ月
住宅ローン
金利
1.2%~ 1.2%~ 1.3%~ ~3.8% 1.9~3.5% 3.7% ~3.9%
振込み手数料
(同銀行)
無料 105円※
210円※
105円※
315円※
無料※ 105円※
210円※
105円 無料
振込み手数料
(他銀行)
315円※
525円※
315円※
525円※
420円※
630円※
210円※
420円※
210円※
420円※
210円※
420円※
210円※
315円※
同行ATM
出金手数料
無料~
105円
無料~
105円
無料~
105円
無料 無料~
210円
無料~
105円
無料~
105円
店舗ATM数
(県内)
158 138 74 519 8 8 4
コンビニ
茨城県の定期預金の比較表(常陽銀行・筑波銀行・水戸信金・ゆうちょ・みずほ・三井住友・三菱UFJ)

上図の通り常陽銀行の定期預金の金利は、通常では他行と同金利だ。しかし、筑波銀行がATM及びインターネット、みずほ銀行がインターネットからの申し込み限定で金利上乗せするため、それを加味すれば他行よりも金利は低いといえる。退職金専用の定期預金の場合でも、常陽銀行でも特別金利が適用されるが、その場合には水戸信用金庫に大きく劣る金利となっている。定期預金に関しては厳しい結果だが、その一方で住宅ローンについては金利引き下げキャンペーンもあり、最割で金利が1.2%まで下げてくれる可能性がある。ここが唯一の金利メリットといえそうだ。その他の数字では同じ常用銀行間の振込みが無料ではあるが、他行への振込み手数料は高額、ATMの出金手数料でもメリットはなく、3万円以上の振込みには525円が課されるなど、仕送りなどで頻繁に振込みをする人にとっては痛い点だ。

結論としては、定期預金は言わずもがな金利面からオススメしないが、住宅ローンでは有利な金利が引き出せる可能性があり申し込むメリットはある。住宅ローン以外のローンでも金利引き下げキャンペーンを随時実施しているため、申し込む手はある。もちろん、資産・収入状況によっては大した金利にならない可能性も十二分にあるため注意したい。