みちのく銀行/ 定期預金金利・住宅ローン金利・手数料・店舗ATM数比較

みちのく銀行ロゴ
オススメ度:
2
社名:
みちのく銀行
創業:
大正10年(1921)
本店:
青森市勝田一丁目3番1号
展開地域:
青森県他
総資産:
1兆9,794億円(2013年現在)
自己資本比率:
11.1%

みちのく銀行は青森銀行に預け換えできないのであれば検討の余地あり?

みちのく銀行は1921年に設立した青森商業銀行を起点とし、総資産額の2兆円は青森県に本店を置く銀行の中では、青森銀行と同等に近い額だ。近年の業績は、預金は微増で貸出金は横ばいだ。自己資本比率(自己資本比率が高いほど負債・借金が少ない)は11.1%で、他の青森県に本店を置く青森銀行の12.0%には劣るが、青い森信用金庫の10.6%は上回る。全国の地方銀行の自己資本比率の平均値は11%のため、全国でも平均の財務内容を保っている。

みちのく銀行の各種サービス・定期預金

最近では、金利上乗せの定期預金や、住宅ローンプラザの増設などが見受けられるが、他行と比較して特別に特徴的な商品は存在していないようだ。強いていえば、女子カーリングの選手が所属しているためか、女子カーリングの応援を前面に出している程度か。

また、他行との提携では、北海道銀行・東北銀行・庄内銀行・青い森信用金庫ではATMの手数料が無料になっている。コンビニでは、ローソンATMが利用可能だが、セブン銀行には対応していないようだ。セブンが利用可能、さらにファミマなどに設置されているE-NETで無料利用可能な青森銀行には一歩劣っている印象だ。

さて下図では、青森県内で展開する他の銀行と、2013年現在の5年ものの定期預金の金利・10年固定の住宅ローン金利・手数料・県内での店舗ATM数等を比較した。振込み手数料が2段の場合は上段は3万以下、下段は3万以上とした。また、ゆうちょ銀行は月6回以上の振込みで手数料110円が発生し、みずほ銀行の定期預金の金利はネット支店なら0.14%と0.16%に上昇する

銀行名 青森銀行 みちのく銀行 青い森
信用金庫
ゆうちょ銀行 みずほ銀行 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行
定期預金金利
(300万未満)
0.03%
※0.10%
0.03%
※0.10%
0.03% 0.06% 0.03%
※0.10%
0.03% 0.03%
定期預金金利
(300万以上)
0.04%
※0.10%
0.04% 0.04% 0.06% 0.04%
※0.10%
0.04% 0.04%
大口預金金利
(1000万以上)
0.06%
※0.10%
0.06% 0.06% 0.06% 0.05%
※0.10%
0.05% 0.06%
退職金
特別金利
-% 2.0%
※3ヶ月
-% - 1.6%
※3ヶ月
1.5%
※3ヶ月
1.4%
※3ヶ月
住宅ローン
金利
1.6%~ 1.6%~ ~3.5% ~4.2% ~3.0% ~3.6% ~3.6%
振込み手数料
(同銀行)
105円※
210円※
105円※
210円※
52円※
105円※
無料※ 105円※
210円※
105円 無料
振込み手数料
(他銀行)
315円※
525円※
315円※
525円※
315円※
525円※
210円※
420円※
210円※
420円※
210円※
420円※
210円※
315円※
同行ATM
出金手数料
無料~
105円
無料~
105円
無料~
105円
無料 無料~
210円
無料~
105円
無料~
105円
店舗ATM数
(県内)
338 309 144 361 1 1 0
コンビニ
青森県の定期預金の比較表(青森銀行・みちのく銀行・青い森信用金庫・ゆうちょ・みずほ・三井住友・三菱UFJ)

上図の通り、みちのく銀行の定期預金の金利は基本は他行と横並びだが、300万円未満に限定されるが「みちのく上乗せ定期」という定期預金を利用すれば金利がアップする。ただし、それでも同じく青森県を地盤とする青森銀行と同金利、インターネット専用定期で金利アップするみずほと同程度しかない。さらに、金額が300万円未満と金額が限定されている点も厄介だ。一方で、退職金で定期預金を組む場合には、青森県内の他行は元より、メガバンクと比較してもトップの金利でお得だ。その他の数字では、住宅ローンの最低金利も、各種手数料も青森銀行と図ったかのように同じ数字が並ぶ。ただ、青森銀行のようにクレジットカードと一体化したキャッシュカードによる手数料優遇も無い点では劣る。

結論としては、みちのく銀行で定期預金を組むなら、300万円未満なら悪くはない。それよりも退職金で定期預金を組む場合には、是非検討したい銀行だ。青森銀行が退職金で組む定期預金の特別金利を廃したのが大きい。