青森銀行/ 定期預金金利・住宅ローン金利・手数料・店舗ATM数比較

青森銀行ロゴ
オススメ度:
4
社名:
青森銀行
創業:
明治12年(1879)
本店:
青森市橋本一丁目9番30号
展開地域:
青森県他
総資産:
2兆5,430億円(2013年現在)
自己資本比率:
12.0%

青森銀行は青森県内の銀行では定期預金の金利が最も優秀な銀行!

青森銀行は1877年に設立した第五十九国立銀行を起点としており、総資産額の2兆円は青森県に本店を置く銀行の中では、みちのく銀行と同等で双璧を成しているといえそうだ。近年の業績は、預金は1,000億円規模で増加、貸出金は微増している。個人向けでは投資信託と保険販売が牽引しているようだ。自己資本比率(自己資本比率が高いほど負債・借金が少ない)は12.0%で、他の青森県に本店を置くみちのく銀行の11.1%、青い森信用金庫の10.6%を上回る。全国の地方銀行の自己資本比率の平均値は11%のため、全国でも平均以上の財務内容といえそうだ。

青森銀行の各種サービス・定期預金

昨今では他の地銀と同様に、個人向けローンの拡大やクレジット一体型のキャッシュカードの普及に注力しているようだ。前者ではインターネットからの受付開始や、金利を2段階に分けるなど、申し込みやすさや利便性の向上を図っている。後者では、他行と同様のサービスだが、カード利用の一定条件を満たせばATMの時間外手数料が無料になる特典などを設けている。

また、他行とのATMの相互手数料無料の提携は進んでおり、JAバンク・青い森信用金庫等でも利用できる「あすなろNET」、岩手・秋田銀行でも利用できる「AAIネット」などがある。セブン銀行やE-NETのATMなどのコンビニでの利用も可能で、特にファミマなどに設置されているE-NETであれば、平日昼間は無料で利用できお得だ。ゆうちょ銀行でも利用できるが、セブン銀行と同様に手数料が発生するため注意したい。

さて下図では、青森県内で展開する他の銀行と、2013年現在の5年ものの定期預金の金利・10年固定の住宅ローン金利・手数料・県内での店舗ATM数等を比較した。振込み手数料が2段の場合は上段は3万以下、下段は3万以上とした。また、ゆうちょ銀行は月6回以上の振込みで手数料110円が発生し、みずほ銀行の定期預金の金利はネット支店なら0.14%と0.16%に上昇する

銀行名 青森銀行 みちのく銀行 青い森
信用金庫
ゆうちょ銀行 みずほ銀行 三井住友銀行 三菱東京UFJ銀行
定期預金金利
(300万未満)
0.03%
※0.10%
0.03%
※0.10%
0.03% 0.06% 0.03%
※0.10%
0.03% 0.03%
定期預金金利
(300万以上)
0.04%
※0.10%
0.04% 0.04% 0.06% 0.04%
※0.10%
0.04% 0.04%
大口預金金利
(1000万以上)
0.06%
※0.10%
0.06% 0.06% 0.06% 0.05%
※0.10%
0.05% 0.06%
退職金
特別金利
-% 2.0%
※3ヶ月
-% - 1.6%
※3ヶ月
1.5%
※3ヶ月
1.4%
※3ヶ月
住宅ローン
金利
1.6%~ 1.6%~ ~3.5% ~4.2% ~3.0% ~3.6% ~3.6%
振込み手数料
(同銀行)
105円※
210円※
105円※
210円※
52円※
105円※
無料※ 105円※
210円※
105円 無料
振込み手数料
(他銀行)
315円※
525円※
315円※
525円※
315円※
525円※
210円※
420円※
210円※
420円※
210円※
420円※
210円※
315円※
同行ATM
出金手数料
無料~
105円
無料~
105円
無料~
105円
無料 無料~
210円
無料~
105円
無料~
105円
店舗ATM数
(県内)
338 309 144 361 1 1 0
コンビニ
青森県の定期預金の比較表(青森銀行・みちのく銀行・青い森信用金庫・ゆうちょ・みずほ・三井住友・三菱UFJ)

上図の通り、青森銀行の定期預金の金利は通常は他行と横並びだが、他金融機関からの乗り換えであれば、「特別金利定期預金」となり金利がプラス0.275%となる。これを利用すれば1年間限定だが他行を圧倒する金利となる。もしも他行からの乗り換えでないとしても、ATMか電話・インターネットからの申込にすれば「ATMつないでネット定期預金」となりプラス0.1%の金利になる。青森県内なら、これを使わない手はない。

一方で、退職金で定期預金を組むと適用されていた特別金利が休止したため、その場合にはみちのく銀行を利用した方がお得だ。各種手数料では、特にメリットは存在しない。ただし、前述の通りクレジットカードを保有すれば時間外の出金手数料も無料になる点は覚えておきたいところだ。

結論としては、青森銀行で定期預金を組むのは、金利面でオススメできる。ただし、他行からの乗り換えかATM・電話・インターネットが条件となるため注意したい。退職金で定期を組みたい人は、前述した通り他行を利用した方がお得だ。また、青森県内での店舗ATM数も多く、さらにE-NETのあるコンビニでは平日昼間が出金手数料が無料になるため、コンビニでも気軽に利用できるのが良い。