ダイワ・グローバルREIT・オープン(毎月分配型)<愛称:世界の街並み> / 大和証券投資信託委託

大和証券投資信託委託・ダイワ・グローバルREIT・オープン(毎月分配型)<愛称:世界の街並み>
オススメ度:
2
運用会社:
大和証券投資信託委託
商品名:
ダイワ・グローバルREIT・オープン(毎月分配型)<愛称:世界の街並み>
地域/決算:
海外 / 年12回(毎月)
対象資産:
不動産投信
基準価額:
3,369円(2012年8月2日付け)
手数料:
1.5%(申込手数料 ※農林中央金庫) 1.48%(信託報酬)

ダイワ・グローバルREIT・オープンは利回り等の数字が中途半端?

この投信は、世界各国の不動産から賃料収入や売却益で分配金を出す投信(リート)だ。交付目論見書には世界に分散投資と謳っているが、実際には米国が50%を占める。ただし、他社のワールドリートは米国の比率が60%を超えているものもある。その点を考慮すれば分散している方だ。現在の分配金を毎月40円だが、過去の分配履歴を振り返ると2011年8月までは60円を出していた。欧州債務問題のピーク直前での減額だが、分配額の据え置くリートもある中では微妙なところだ。

ダイワ・グローバルREIT・オープン(毎月分配型)<愛称:世界の街並み>の基準価額及び純資産の推移チャート

まず基準価額だが、概ね他社と似た動きを見せている。1年前の基準価額は3,765円近辺で、10%程度のマイナスだ。他社比較するとラリート等の15%以上のマイナスよりも健闘しているといえる。ただし、同時期に分配額を減額しているため、それで持ち堪えたとも考えられる。

純資産は減少の一途を辿っており、他社のように反発する気配が見えない。減少が続けば純資産を削って分配金を出すため、さらなる分配金の減額もありうる。

ダイワ・グローバルREIT・オープン(毎月分配型)<愛称:世界の街並み>の国別上位組み入れ銘柄

国別の構成銘柄では、アメリカ・オーストラリアの順に比率が高い。とはいえ他社より若干だがアメリカの比率は低い。また、他社との大きな相違点としてイギリスの比率が高い点がある。

個別銘柄では、サイモン・ウェストフィールドと他社でも馴染みの企業名が並んでいる。特徴的なのはイギリス銘柄の「ランドセキュリティーズ」というイギリス最大のリートだ。現在はショッピングセンター・アウトレット等の大規模物件から、レストラン・カフェ・駐車場などの小規模なものまでカバーしている。ただ、株価は2008年から半値近い額で低迷しており厳しい状況だ。

イギリスの経済情勢及びリート指数

今後の見通しだが、米国市場は「ラサール・グローバルREIT」等を参照して欲しい。

比率が高いイギリスだが、五輪景気があるものの、2012年上半期のGDPは前年比マイナスと厳しい。政府の緊縮財政に加え、欧州の景気後退による輸出減が大きく足を引っ張った。さらに小売売上高の低迷・貯蓄率が高い点が、イギリス国民がサイフの紐を締めていることが分かる。住宅価格も低迷しているが、五輪直前の7月には上昇している。ただし、これは一時的な特需だろう。2013年以降、政府の緊縮財政等の政策が功を奏さなければ、この投信にもマイナス影響は必至だ。

次に、他社のワールドリート型の投資信託(純資産ランキングで上位)と、基準価額、手数料、信託報酬、利益額、分配利回り等を比較した。「分配金-手数料-信託報酬-信託財産留保額 = 利益額」
最後に、基準価額の増減も加味して3年後に100万円が赤字か黒字か?を計算した。その場合、過去1年間の基準価額の増減が今後3年間も繰り返し、分配金も現状維持と仮定した。

計算上での考え方は「前年比で基準価額がマイナス5%とすると、1年後・2年後・3年後も5%ずつ減額した場合、3年分の分配金を足すと元金の100万円を超えているか否か?」
※増減率は1年前の基準価額から現在まで何%下落したか?を表す。一般的な騰落率とは異なる数値。

商品名 ラサール
グローバルREIT
国際投信
ワールドリート
オープン
ダイワ
グローバルREIT
DIAM
世界リート
インデックス
野村
グローバルREIT
プレミアム
基準価額 3,651円 4,153円 3,369円 3,677円 9,365円
増減率 -16.8% -16.8% -10.5% -6.7% -6.3%?
手数料 1.2% 0% 1.5% 2.5% 4.0%
信託報酬 1.50% 1.55% 1.48% 0.85% 0.88%
信託財産
留保額
0% 0% 0% 0.5% 0.5%
分配利回り 18.2% 17.2% 12.8% 10.6% 11.9%
3年分の
利益額
546,619円 516,948円 383,027円 317,171円 358,010円
100万で
3年運用
※基準価額増減考慮
1,111,425円 1,093,082円 1,084,513円 1,099,368円 1,134,351円?
最終予想
利回り
3.58% 3.01% 2.74% 3.21% 4.29%?
ワールドリート型の投信の比較表(ラサールグローバルリート・国際投信ワールドリートオープン・ダイワグローバルリート・DIAM世界リートインデックス・野村グローバルREITプレミアム)

上図の通り「ダイワ・グローバルREIT・オープン」は、分配利回り・最終予想利回りでもトップにはなれない数字で、いかにも中途半端な印象だ。基準価額のマイナス幅は、ラリート・国際投信のワールドリートほどではないが、DIAMほど削るのを抑えているわけではない。信託報酬・手数料も決して安価とはいえない。上図には無いが、累積投資額の1年の騰落率でもマイナス3%と、他社のマイナス1~2%より高めで、分配金を含めた運用資産の増加にも陰りが見えている。やはり数字面では中途半端といえる。

最後に結論だが、中途半端な数字のため強くオススメできそうにない。純資産の減少が止まらず、分配金が維持されるかにも不安がある。ただし、他社には無いイギリスへの投資があり、これからイギリス経済が好転するようであれば、他社リートを出し抜いて、この投信のパフォーマンスが大きく向上する可能性もある。そこに賭けて購入してみるのはおもしろい。それにしても、自分の運用資産の配分(アセットアロケーション)の中では大きくせず、ある程度の比率に抑えておくことをオススメしたい。