相続税の申告・納付 一覧

相続税を申告することで課税されないケース
課税されないから申告しないという人がいる一方で、申告することで課税されないケースもある。例えば、相続税が発生するが配偶者税額・・・
相続税の申告書は期限後でも申告できる?
期限後でも税務署から課税価格及び相続税の決定通知が来るまでは、期限後申告として申告書を提出できる。基本的には相続人の廃除に関する裁判・・・
相続税の申告を修正・更正するとペナルティ
申告書の提出した後に誤りがあった場合はどうなるか?だが、誤りには納税額が少なかった場合と、逆に納税額が多すぎた場合の2種類で対応が異なる・・・
相続税を金銭で納付する場合の納付方法
申告書を提出して実際に納付する方法は、どのような手段があるのか? まず最もベーシックな方法として現金・預貯金での納付が挙げられる。具体的な・・・
相続税の延納は利子税と申請の却下も考慮
納税は一時払い(分割せず一気に支払う)が原則だが、相続税の納税額が10万円を超えており納付するのが困難であれば延納ができる。納付するのが困難・・・
相続税の延納で担保にできるのは!?
延納には基本的には納付が困難な額を限度とした担保も提供する必要がある。納税額が100万円以下かつ延納期間が3年以下であれば担保は不要だが、この条・・・
相続税の延納申請に必要な書類と手続き
申請において延納申請書の他に添付書類として、金銭納付が困難な理由書・相続人の預金残高・確定申告所ないしは源泉徴収票・担保提供関係書類が必要・・・
相続税の物納が可能な財産と不可能な財産
物納できる財産と物納できない財産がある点に注意が必要だ。まず物納に充てられる財産は、相続で取得した財産か相続開始前3年内に贈与で取得した物に・・・
相続税の物納の手続きはシンプルだが書類が?
物納の手続きは、「物納申請 → 審査 → 許可 or 却下(却下なら再申請も可)」と流れ自体はシンプルだ。しかし、各期限毎に書類を不備なく集めて提出でき・・・
相続税の納付方法は優先順位があるが変更も可
相続税の納付方法は「①金銭一時納付」「②延納」「③物納」の順に優先される点を忘れずにおきたい。あくまで金銭一時納付が不可能な場合のみ延納・・・
相続人が複数なら相続税には連帯納付義務がある
連帯納付義務は、かつて社会問題になった連帯保証人のようなものをイメージすると分かりやすいだろう。相続人の片方ないしは複数の相続人の内の誰か・・・