老後の1人暮らし 一覧

老後の1人暮らしのための4本柱
細部まで考えれば多種多様なことが必要となるが、基本的には「体力」「生活力」「経済力」「精神力」の4本柱が重要となる。4つの力を充実させられるか・・・
老後に1人暮らし・住み替える時の選択肢
自宅があれば自宅が1人暮らしをする場所の最有力だが、その他に賃貸物件(シニア向けマンション・シルバーハウジング・サ高住)も候補になる。さらに・・・
子供・親戚の近くに住むかは意思が重要
地方に住んでいた高齢者の子供から近い場所への住み替えは、今に始まった話ではなく、1980年代から始まっている。図は65歳以上で過去5年間に・・・
老後の住み替えはシェアハウスも一興
シェアハウスは若者にとっての家賃の節約と出会いの場としてのイメージが強いが、高齢者であれば他者とのコミュケーションが確保(認知症の予防)と・・・
老後に住み替えるならシニア向けマンション?
候補となるのは通常の賃貸物件の他に、シニア向けマンション・シルバーハウジング・サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)も候補となってくる。サ高住は・・・
老後に住み替える介護施設の選択肢
選択肢は認知症高齢者グループホーム・特別養護老人ホーム・有料老人ホームの概ね3つとなる。それでは各住宅には、どのような特徴があり、メリット・・・
連体保証人と身元保証人がネック
賃貸でネックとなるのが「連体保証人」と「身元保証人」だ。どちらも高齢向け賃貸物件では、契約時に誰かしらを設定することを必須とする物件が多い・・・
老後の家事援助とバリアフリー
生活力を補う1つの手段が「家事援助」で、各市町村には1人暮らしの高齢者の家事を援助する生活援助員・ヘルパーがおり、高齢者は1回数百円で・・・
終末医療の蘇生措置を考えるべき
終末治療で病気の進行と共に心肺停止となった場合にはどうだろうか?心臓マッサージなどの蘇生措置を望むかと問われれば、否と答える人も相当数・・・
終末医療の尊厳死を考えるべき
延命措置とは治癒の見込みが無い死期が差し迫った人に対する延命だけを目的にした医療行為を意味するが、定義はさておき、どの医療行為が該当する・・・
終末医療の病名告知を考えるべき
治療の見込みが無い病気に罹患した場合の病名の告知や、その病気での余命宣告をどうするかを健康なうちに考えておく必要がある。特に現在では医師・・・