家族・親族の死亡後の手続き・届出 一覧

死亡後の手続きと葬儀後の手続き一覧
家族・親族が亡くなると、まず思い浮かぶのが葬儀のことだろうが、それ以前に亡くなった直後に行うべき手続きがある。もちろん、葬儀が済んだら済んだで・・・
家族・親族が亡くなったら3つの書類
、家族・親族が亡くなったなら即座に行う手続きが幾つかある。その中の代表例が、死亡診断書・死亡届・埋火葬許可申請書(死体埋火葬許可申請書)の3・・・
健康保険の資格喪失届の手続き
早めの提出が必要となるのが、健康保険の資格喪失届だ。国民健康保険(通称:国保)であれば死後14日以内が提出期限となっている。そんなもの遅れて・・・
在職・現役の会社員の死亡時の手続き
死亡したのが在職中・現役の会社員であれば、死亡届の次に優先すべきものに「健康保険・厚生年金保険被保険者資格喪失届」が挙げられる。これを・・・
家族・親族の死亡後の公共料金の手続き
解約・支払方法の変更が必要になる公共料金は、概ね「電気・ガス・水道」「電話・インターネット」「ケーブルテレビ・NHK受信料」の3つが挙げられる。これら・・・
死亡後の免許・パスポート・カードの手続き
運転免許証は自治体によって異なるが基本的には最寄の警察署で手続きができ、地域によっては交番や駐在所でも返納ができる。故人の運転免許証と・・・
健康保険の葬祭費の支給
支給金額は5万円とする地域が多いが、健康保険や各自治体によって差がある。国民健康保険を例にとると、東京23区だと世田谷区・渋谷区・葛飾区等・・・
未支給の年金の請求を忘れずに
生活力を補う1つの手段が「家事援助」で、各市町村には1人暮らしの高齢者の家事を援助する生活援助員・ヘルパーがおり、高齢者は1回数百円で・・・
遺族基礎年金が受け取れるか確認
遺族基礎年金は、受給するために必要な第一の要件には「故人に生計を維持されていた配偶者と子である」がある。具体的には、遺族は故人と生計を・・・
遺族厚生年金が受け取れるか確認
遺族厚生年金を受給するために必要な第一の要件に「故人に生計を維持されていた配偶者・子・父母・孫・祖父母である」がある。遺族基礎年金と異な・・・
遺族年金が受け取れない人は死亡一時金
死亡一時金は国民年金の被保険者で、保険料を36ヶ月以上は納付しており、どの年金も受け取っていなければ遺族に支給される。配偶者・子・父母・孫・・・
生命保険の保険金の請求
保険に加入していており、その保障内容が死亡によって保険金が支払われる保険であれば、保険金の請求手続きをする必要(保険会社から連絡が来るこ・・・
故人の銀行口座の処理と相続手続き
銀行口座の相続をする前に抑えておきたいのが、故人が利用していた銀行の把握だ。そんなものは残されたキャッシュカード・通帳を見れば一目瞭然だと・・・
故人の株式・投資信託の相続手続き
故人が保有していた株式もさることながら、利用していた証券会社の把握だ。仮にトヨタの株式を保有していたとしても、相続の連絡先は株式の保有口座・・・
自動車を相続するなら手続きが必要
名義変更だと移転登録申請書を、自動車の使用場所の陸運局か陸運事務所で入手して提出する必要がある。あくまで自動車を使用していた場所(ナンバー・・・
家・土地を相続するなら登記手続き
自力で手続きを進める場合、まずは書類の準備を進めて、法務省のHPを参照しながら登記申請書を作成して提出することから始まる。必要となる添付・・・
ゴルフ・リゾート会員権・貴金属を相続
ゴルフ会員権はゴルフ場によって手続きの細部は異なるためゴルフ場に名義人が死亡した旨を伝えて手続きをするのが手っ取り早い。一般的には・・・
葬儀当日の事務と葬儀社への支払い
芳名帳・香典帳・弔電・弔辞などを受け取り、さらに葬儀の領収書・請求書などの諸々の費用に関する書類を整理する必要がある。特に領収書・請求書は・・・
寺院への挨拶とお世話になった人への礼
寺院への挨拶回りだが、葬儀でお世話になった寺院に喪主と遺族代表で出向き、僧侶に葬儀の御礼の言葉を伝えて謝礼を渡すことになる。謝礼は奉書・・・
香典返しの概要と金額の相場と選び方
香典返しをしたくとも予算の問題があり、悩んでいるようなら香典の相場から逆算して香典返しを考えるといいだろう。香典の相場は故人との関係性に・・・
忌中と喪中の期間と過ごし方と注意点
忌中は四十九日までで喪中は一周忌までと考えられている。この期間に喪に服すのは父母・子・兄弟姉妹・孫までが基本だが、子供の配偶者(姻族)も・・・
四十九日が過ぎたら遺品整理と形見分け
遺品整理を始める際には、手当たり次第に始めるのではなく、あらかじめ基本となる考え方と段取りを考えておくとスムーズに整理ができる。基本となる・・・