生命保険による相続対策 一覧

生命保険で相続対策をするメリットと注意点
生命保険の相続対策におけるメリットだが、第一が「遺産分割対策(争続対策)」になる点が挙げられる。遺産分割で最も厄介なのが不動産などで分割・・・
生命保険で遺産分割対策(ノーマル)
生命保険を遺産分割対策、俗にいう争続対策に利用する際は、基本的に不動産(土地・建物など)のような分割し難い財産がある場合に生命保険は重宝・・・
生命保険で代償分割込みの遺産分割対策
遺留分の減殺請求権を、特定の相続人以外の相続人が行使すると予想される場合には、代償分割のための資金を準備するために生命保険を利用する・・・
生命保険の非課税枠で納税資金対策
この非課税プランは生命保険の非課税枠(500万円×法定相続人)を利用して、相続財産を増やさずに納税資金を確保するのが最大のポイントだ・・・
相続財産を売却しない納税資金対策
相続財産防衛プラン」は相続税を生命保険金だけで支払うプランで、相続財産(特に不動産)からの持ち出し・売却をしないのがポイントだ。言い換えれば・・・
生命保険金に相続税ではなく所得税
相続財産が大きく、相続税が50%か最高税率の55%を課される規模になると利用を検討した方がいいのが「所得税プラン」となる。この方法のポイントは・・・
相続財産防衛プランと所得税プランの選択
3つのプランは相続財産の多寡によって選択でき、相続財産が2億5000万円程度なら非課税プラン、それ以上になると生命保険金にも相続税が課される・・・
生命保険で税負担軽減対策
生命保険と贈与を組み合わせた税負担軽減対策も考えられる。通常、贈与は1年間に110万円の基礎控除があるため、年間110万円までの贈与なら・・・
生命保険で二次相続対策
相続対策を考えている人の多くは一次相続ばかりに目が行きがちだが、二次相続の対策についても同時に考えておく必要がある。二次相続とは、自分・・・