贈与/相続の基礎知識

相続財産次第で単純承認・限定承認・相続放棄のどれを選択するか?

相続人は普通は被相続人の財産を引き継ぐが、多額の借金などの債務があると相続したくない場合もある。そこで相続開始があったことを知った日から3ヶ月以内に「単純承認」「限定承認」「相続の放棄」のいずれかを選択して意思決定する。

単純承認は資産(=プラスの資産※積極的資産)と負債(=マイナスの資産※消極的資産)の両方を単純に引継ぎ相続する。限定承認は資産の範囲を超える負債の責任を負わず相続できる。相続の放棄は、相続を拒否して資産も負債も引き継がず全く相続しない。

単純承認と限定承認と相続の放棄のイメージ

どれを選択するかは、基本的には相続する財産が資産と負債のどちらが大きいかで判断すればいい。とはいえ、単純に資産と負債の差だけで考えるのは難しく、相続には愛着のあるものや人間関係も少なからず関係してくる。そのため、資産と負債の差によって、どの選択肢を選択すると、どのようなメリット・デメリット(注意点)があるかをまとめてみる。

まず資産のみで全く負債が無い場合だが、基本的には相続によって自分の財産が増えるため単純承認によって相続すればいいだろう。注意点としては、親族間での争続(相続財産を巡る関係悪化)が挙げられる。また、相続税が発生するため、土地・建物の評価額が高いと相当の額の税金が課されるため手元に現金が必要だ。現金が不足するようならローンを組むか、ローンを組むことになるため注意が必要だ。

相続財産が資産だけの場合の単純承認・相続放棄を選択した際の各々のメリット・デメリット

一方で、争続・相続税(土地・建物なら固定資産税も)を支払うのが困難だと判断したなら相続放棄をする手もある。ただ、相続税を支払うのが困難だと判断する際には、相続財産を売却しても本当にプラスにならないかは要確認だ。プラスになる可能性があるなら、相続した方が普通は得だ。

次に負債はあるが、資産の方が大きい場合、基本的には相続によって自分の財産がプラスになるため単純承認で相続すればいいだろう。ただ、資産のみの場合と同様に資産が不動産だけであった場合などは注意が必要だ。

相続財産が負債より資産が大きい場合の単純承認・限定承認・相続放棄を選択した際の各々のメリット・デメリット

単純承認ではなく限定承認すると、仮に目算を誤って負債の方が大きい場合でも資産の範囲内の負債を負うだけのため、リスク回避にはなる。ただ、手続きの煩雑さと不動産が被相続人が取得した時から値上がりしていると譲渡所得税が発生する点に注意が必要だ。限定承認にするなら負債の精査をして単純承認した方が賢明だ。

相続の放棄は負債を負わないというメリットが一応はある。だが、相続する土地・建物が負債に対して十分な売却価格になるなら、最終的には自分の財産にはプラスになる。そのため機会損失ということになる。

一番厄介なのは資産と負債のどちらが大きいか不明の場合だ。単純承認すれば負債の方が大きくマイナスの相続をする可能性がある。それを回避すべく限定承認すれば、資産が大きい場合の譲渡所得税の可能性と煩雑な手続きが待っている。いっそのこと相続放棄すれば、上述の可能性は回避できるが、トータルでプラスの資産を受け取れた可能性を捨てることになる。

相続財産が負債と資産のどちらが大きいか不明な場合の単純承認・限定承認・相続放棄を選択した際の各々のメリット・デメリット

この場合、まずは熟慮期間である3ヶ月で資産・負債を精査するのが第一だが、それ以外に「何が何でも本当に相続したい財産があるのか?」も考えておきたい。最悪、相続できなくてもいいかと思える物なら相続放棄に分がある。

他方で、絶対に相続したい物があるなら限定承認か単純承認が選択肢になる。例えば、相続したいのが先祖代々の建物・土地である場合などが挙げられる。リスクを回避するなら限定承認の方がベターだが、煩雑な手続きと相続人全員の同意・協力が必要となるため、単純承認にするのも止むを得ないケースもあるだろう。

相続財産が資産よりが負債大きい場合の単純承認・限定承認・相続放棄を選択した際の各々のメリット・デメリット

資産よりも負債が大きい場合には、資産と負債の大小が不明な時と同様に相続したい物があるなら限定承認、無いなら相続放棄を選択するのがスタンダードだ。しかし、限定承認は相続人全員の意思・協力が必要なため、ケースバイケースで単純承認に踏み切らざるを得ないケースもあるだろう。例えば相続人の1人は土地・建物のみで、他の相続人は現金のみの相続だと、協力を得られない可能性も無くはない。

最後に負債のみだった場合だが、単純承認には条件を付けたりはできないため、見返りなしで負債を負うことになるため、基本的には相続放棄するのが妥当だ。その際には相続を知ってから3ヶ月以内に行動しない等で単純承認になることもあるため注意が必要だ。

相続財産が負債だけの場合の単純承認・相続放棄を選択した際の各々のメリット・デメリット

ちなみに、相続放棄をするにしても債権者の中に親族(死亡した被相続人が親族から借金をしていた場合)がいることもあるだろう。もちろん、相続の放棄をすれば法的には負債を引き継ぐことはない。ただ、そうなると親族間の関係に軋轢が生じるのは間違いない。そうなると相続放棄をしつつ、その親族とは別途で話し合う必要があるだろう。この場合は相続(民法・相続税法)とは別次元で話し合うことになる。。。

以上が単純承認・限定承認・相続の放棄についてだが、ケースバイケースで判断が難しい場面もあるため、ネット・書籍などで調べる他に、税理士等の電話無料相談や、自治体主催で無料参加できる相続セミナー・相談会を利用して専門家の話を聞くのも手だ。