葬式・葬儀の基礎・流れ・手続き・予算など

仏式の遺骨迎え・初七日・納骨の進行と大まかな流れとは!?

家族・親族が臨終すれば、通夜から葬儀・告別式の準備・進行をして出棺・火葬となる。そして火葬から遺骨を持ち帰って「遺骨迎え」と「初七日」が一連の葬儀の締めくくりとなり、その後に期間を置いて納骨となる。

まず遺骨迎えだが、火葬が終わった遺骨は埋葬の日か四十九日の忌明けまで祭壇(大抵は葬儀社が準備している)に安置することになる。遺族の方は火葬場から帰ってきたら、ひしゃくで水をすくって両手にかけてから清めの塩で清める。再び僧侶の読経があり、焼香を行って初七日法要を行う。

初七日法要は、本来は故人の死後7日目に行うが、現在では葬儀の当日に行うことになっている。初七日と区別して付七日ということもあるが、ほぼ内容は同じだ。その後は精進落としと呼ばれる会食となり料理を食べ酒を飲むが、遺族は参列者は参列者に礼を述べることを忘れないようにする必要がある。会食前に喪主が挨拶するのが通例ではあるが、最後の乾杯の音頭を乾杯ではなく献杯というところだけは注意したい。

また、僧侶に対しても礼を述べるが、会食を辞退することが多いため、そういった場合はお車代・お膳料を渡すことになる。このタイミングで僧侶の謝礼、いわゆるお布施を渡してもいいのだが、葬儀の翌日に御礼と共に渡してもいい。バタバタしていて金額を精査できていなかったり、その場で渡すのが何とも気まずいようであれば翌日にしてもいい。

遺骨迎え・初七日から納骨までの大まかな流れ

これで葬儀当日の流れは終了で、次に故人の遺骨を埋葬する納骨に移ることになる。納骨は四十九日か一周忌に行うため、その間は十分に休みたいところだが、死亡後の手続きは葬儀以外にも山積している。故人の死後何日以内という期限が必要なものから早めに手続きなどを進めておきたい。

さて、納骨は葬儀後の四十九日・一周忌までは自宅に置いておくのが一般的ではある。その間に弔問客が来ることもあるため、祭壇・仏壇には飾りと水・飯を供えておくといい。しかし、四十九日・一周忌に納骨できない場合(墓の選定・建設などで時間を食いそうな場合)には、寺院や墓地の納骨堂に仮納骨するのも手だ。

仮納骨の費用の例イメージ

仮納骨の費用は地域・寺院によって千差万別だが、1年間で数万円、最長で3~5年の仮納骨が可能となっていることが多い。かなりの時間的な猶予があるともいえるため、その間に十二分に墓の選定をすることもできる。数年を要するようであれば、火葬後に受け取る埋葬許可証は大切に失くさないように保管しておく必要がある。

納骨の当日は納骨式となるが、四十九日・一周忌と同時に行う場合も別の場合も同様に、遺族と親族・故人の親しい友人などで墓に遺骨を納めて、僧侶による読経と焼香を行う。式後には、お斎(おとき)と呼ばれる会食をして礼を述べて終了となる。これで、ひとまずは当面の弔いの儀礼は終了となる。

以上が遺骨迎え・初七日・納骨の準備と進行についてだが、その他に死亡・相続について不明点・疑問点が出てくることもあるだろう。ネット・書籍などで情報収集しても腑に落ちないなら、葬儀社に直接尋ねてみるか葬儀・葬式セミナーなどに参加してみるといいだろう。まだ亡くなる前であれば、生前に葬儀について指示するか家族と話し合っておくのがいいだろう。