葬式・葬儀の基礎・流れ・手続き・予算など

仏式の出棺・火葬の進行と大まかな流れとは!?

家族・親族が臨終すれば通夜を行い葬儀・告別式の準備・進行をして、出棺・最後の別れを経て火葬となる。この段階まで来ると、あと少しで一連の葬儀が終わり安心するだろうが、故人と対面する最後の機会となるため後悔の無いようにしておく必要がある。

まず出棺だが、出棺は棺が出発するという意味のため出棺をすると故人の姿を再び見ることは無い。葬儀・告別式の参列者は斎場の外で待ち、遺族・親族が棺を祭壇から降ろして祭壇に飾ってあった供花を故人の周りに飾ってお別れとなる。

その際に、故人に縁のあるものを棺に入れてもいいことになっている。故人が好きだった食べ物や服などが代表格だが、金属やガラス製のものは燃えずに残る可能性があるため避けた方が無難だ。それでもアクセサリーなどの貴金属、食べ物でも缶詰・缶ジュースなどを棺に入れたいのであれば、葬儀社に事前確認した方がいいだろう。

最後の別れが終わると、棺のフタに釘打ちをして閉じることになる。故人と血縁が深い順に釘を打つが、最後には葬儀社が釘を完全に打ちつけるため、完璧に綺麗に打ちつけようとする必要は無い。あくまで儀式と考えて軽く打つ程度でもOKだ。

釘打ちが終わると棺を親族・友人などの5~6人で霊柩車に運び、出棺となる。その際に喪中は位牌、遺族は遺影を持って歩き、最後に棺が続いて霊柩車まで運ぶ。運び終えたら喪主が遺族代表として参列者に挨拶をして火葬に続く。

葬儀・告別式の大まかな流れ

出棺を終えると火葬場へ移動することになるが、火葬場まで同行するのは遺族・親族に加えて極めて親しかった友人に限られる。その際には火葬許可証を忘れずに持参しておかないと火葬ができないため注意が必要だ。いざ火葬場に着くと、火葬炉の前に棺を置いて、僧侶がいれば読経し、いなければ焼香をあげて棺は火葬炉に入れられる。

火葬には小一時間を要するため、その間は控え室で参列者と菓子・酒と共に待つことになる。火葬が終わると、喪主から故人との関係が深い順に故人の骨揚げ(こつあげ)をする。1片の骨を箸で骨壷に移していき、終了すると骨壷を箱に収めて喪主が受け取る。これで火葬は終了となるため、火葬許可証に火葬の事実が記載され埋葬許可証となり埋葬が可能となる。

骨揚げでは細かいルール(どの骨から揚げていくか?など)はあるが、基本的には葬儀社の言う通りに進めれば問題ない。一応、留意しておきたいのは故人の遺骨を分骨したいなら事前に分骨用の骨壷が必要で、埋葬許可証も2通必要になる点だろうか。

以上が出棺・火葬の準備と進行についてだが、その他に死亡・相続について不明点・疑問点が出てくることもあるだろう。ネット・書籍などで情報収集しても腑に落ちないなら、葬儀社に直接尋ねてみるか葬儀・葬式セミナーなどに参加してみるといいだろう。まだ亡くなる前であれば、生前に葬儀について指示するか家族と話し合っておくのがいいだろう。