葬式・葬儀の基礎・流れ・手続き・予算など

家族・親族の葬儀費用の相場と決定する目安・ポイント!?

家族・親族が医師から危篤または臨終の告知を受け、死亡診断書の受け取りなどの退院の手続きを済ませて故人の遺体搬送をすると、葬儀・告別式の考えを固めておく必要がある。その中でも、どの程度の葬儀費用を見積もっておくかは重要な要素だ。また、入院が長引いて葬儀のことが頭をチラついている人も、まずは費用に頭を抱えるのではないだろうか?

まず抑えておきたいのは、葬儀費用の総額の全国平均が約189万円(日本消費者協会調べ)という点だ。この中には一般的に葬儀社のセットには含まれないお布施・飲食費なども含まれている。もちろん、地域間の差や個々人の懐事情もあるため、最高額と最低額には開きがある。下図は全国平均と各地域の葬儀本体の費用・寺院費用・飲食接待費の平均額と最高・最低額だが、最低平均額を元にすれば約110万円が平均額ともいえる。

葬儀費用の全国平均と最高額と最低額の平均額

それでもイオンなどの低価格の葬儀プランを見たことがある人は、この額は高いと感じるかもしれない。しかし、イオンなどの安さを謳う業者でもセット・パック料金にはお布施・飲食費・返礼品などは含まれていない。参列者数が流動的な場合には、上述のような費用が増大するため、結果的に平均的な額としては妥当なのかもしれない。

その一方で、葬儀の費用に不満を持つ人は多いのも事実で、いくつかの葬儀社が消費者庁から再三の注意を受けているのも確かだ。これは参列者数が流動的で費用が増えるパターンもさることながら、葬儀社のプラン・セットが不明瞭(不親切)であることが原因と考えられる。

一般的に葬儀社のセット・パック料金に含まれているのは、棺・骨壷・祭壇一式・式場使用料などで、前述の飲食費・お布施の他に供花供物・死亡通知状、さらに実費に近いが霊柩車・火葬料は含まれておらず、遺体搬送を依頼した葬儀社に頼んだ場合には葬儀費用の支払いの際に遺体搬送料も加わることになる。

葬儀社のパック・セット料金に含まれるものと含まれないものと実費部分

上図のように、自分が葬儀に参列したときに当然にあるものが意外とセットに含まれていないことがある。そのためセット・パックで葬儀一式30万円だとしても、葬儀費用には当然に含まれていると思ったものが入っておらず、後から後から追加していき葬儀費用が膨らむことになる。

一般的に葬儀社を決める際には、病院から遺体搬送した葬儀社に多いが、このパターンだと後から後から費用が膨らむケースがある。仮に故人の生前から話し合い、葬儀社を探していたとしても、葬儀社によってパック・セット内容には違いがあり、葬儀社を比較するにも一苦労という側面もある。

そのため葬儀費用を考えるうえでは、「葬儀・葬式での総額がいくらか?」が最も重要といえる。葬儀一式がいくらであろうと、それが安かろうとも、その他諸々を含めた総額がいくらかを考えておかないと想定した額と実際の費用に乖離が生じる原因となる。仮に150万円で収めたいと思うなら10~20%の余裕を持って、葬儀社との打ち合わせでは120万円ぐらいで収めたいと話しておくのも良いかもしれない。

以上が葬儀・葬式の費用についてだが、その他に死亡・相続について不明点・疑問点が出てくることもあるだろう。ネット・書籍などで情報収集しても腑に落ちないなら、葬儀社に直接尋ねてみるか葬儀・葬式セミナーなどに参加してみるといいだろう。まだ亡くなる前であれば、生前に葬儀について指示するか家族と話し合っておくのがいいだろう。