葬式・葬儀の基礎・流れ・手続き・予算など

戒名の概要・意味は何か?戒名は必要なのか?

家族・親族が臨終すると、まずは葬儀・告別式の考えを固めて葬儀社との打ち合わせに入ることになるが、その一方で戒名が必要なのか?も考えておく必要がある。それでは戒名の意味とは何で、本当に必要なのだろうか?

まず戒名とは、出家して僧侶になった時に付けられる僧名で、浄土真宗では法名、日蓮宗では法号とも言われている。本来は生前に出家した際に受ける名であったが、なぜか現在は亡くなった後になっている。死んだら仏になるのではなく僧侶になるわけで、僧侶であるが故に戒名には位(ランク)が存在する。

ランクは仏道を収めた人に与えられる信士・信女から、社会的貢献度も高かった人に与えられる院殿~大居士・院殿~清大姉まである。基本的には故人の仏教に対する信仰の深さや社会的な地位・社会への貢献などによって決まり与えられる。しかし、与えられるとはいっても、実際にはお布施の額によって決まるといっても過言ではない。

戒名の位(ランク)とお布施の額の目安例

ランクによって多額の金銭が必要となるが、戒名を依頼するタイミングは通夜の読経後に依頼するのが現在では一般的となっている。そのため、金額の割りにあまり考える時間はないといえる。ただ、かつては臨終して自宅に遺体を安置した際に依頼するのが一般的だったため、それでも考える時間は少しは延びたとも考えられる。

それでは、ここまででを踏まえて「本当に戒名は必要なのか?」を考えてみたい。まず、仏式での葬儀を考えている場合には、大半は必要になるのが実情だ。というかお布施の相場である10~80万円程度(平均は50万円)の中に戒名の分も含まれている。それも仏式の葬儀の場合には位牌があるため、何も書かれていない位牌を拝むわけにもいかないだろう。

また、先祖代々の墓がある場合には、戒名が無いと菩提寺によっては納骨を断れることもある。菩提寺のスタンスによるだろうが、墓に入れないとなると遺骨をどうするか?という新たな問題が突きつけられることになる。この意味でも戒名は必要ということになってくる。

とはいえ、戒名が大きな金銭的な負担になるのは間違いなく、何とか付けないことはできないか?と思う遺族もいるだろう。さらに故人が仏教の信仰が厚くないから付けたくないという人もいるだろう。そういった場合には、無理に戒名はつけなくてもいいだろう。

俗名の位牌のイメージ例

そもそも戒名の歴史を振り返っていけば、仏教ではなく儒教が由来であるという説もあり、宗教的な意味合いを突き詰めれば必須ではない。位牌も戒名ではなく俗名で作成するという手もある。家に位牌を置く仏壇も無いようであれば、自宅に焼香を上げに来る人も考えにくく、余計に不要といえる。葬儀も家族葬・直葬なら戒名・位牌に目が行く人もおらず何ら支障はない可能性がある。それなら、いっそのこと戒名は不要と割り切るのも手だ。

ただし、そういった場合でも注意したいのは、親族・親戚の理解が得られるか?という点だ。「戒名でない位牌とは何事か!」「故人を敬い弔う気持ちが無い!」と言われる可能性があるなら戒名は必要だ。また、葬儀も一般葬で参列者が多ければ、そういったことを疑問に思う人も出てくる可能性がある。遺族が後から文句や陰口を叩かれる可能性があれば、可能な限り説明するか話しておいて理解を得るか、諦めて戒名を付けるしかない。

以上が戒名の概要と必要性についてだが、その他に死亡・相続について不明点・疑問点が出てくることもあるだろう。ネット・書籍などで情報収集しても腑に落ちないなら、葬儀社に直接尋ねてみるか葬儀・葬式セミナーなどに参加してみるといいだろう。まだ亡くなる前であれば、生前に葬儀について指示するか家族と話し合っておくのがいいだろう。