土地・建物等の不動産の評価 一覧

小規模宅地の特例の減額金額と条件まとめ
減額される金額が大きいほど相続税は有利になり、さらに適用される面積が広いほどに相続税は有利になる。そのため、貸付事業用宅地は適用面積が・・・
小規模宅地の特例の特定居住用宅地
居住用宅地で小規模宅地の特例を受けるための条件だが、第一に被相続人の居住用の土地が対象で、相続するのも被相続人の配偶者か親族である・・・
小規模宅地の特例の特定事業用宅地
事業用宅地で小規模宅地の特例を受けるための条件だが、事業用宅地でも「特定事業用宅地」「貸付事業用宅地」「特定同族会社事業用宅地」のどれか・・・
相続税の対象となる家屋・貸家の評価
家屋の価額だが、家屋は非常にシンプルで固定資産税評価額が、そのまま家屋の価額となる。その際には建物に付随・構造上一体となっている電気設備・・・
相続税の対象となる農地の評価
農地の評価では「純農地・中間農地」「市街地周辺農地」「市街地農地」の3つで計算式が異なる。文言の整理と確認だが、純農地は農用地区域内にある農・・・
相続税の対象の貸家建付地と借地権の評価
貸家建付地は「貸家の目的とされている宅地、すなわち、所有する土地に建築した家屋を他に貸し付けている場合の、その土地のこと」を意味する。もう少し・・・
相続税の対象の貸宅地と借地権を評価
貸宅地は「借地権など宅地の上に存する権利の目的となっている宅地」を意味する。一般的な言い方では「借地」に置き換えられ、貸主側から見るか借主側・・・
相続税の対象となる宅地の評価方法
宅地は3つある土地の評価方法(路線価方式・倍率方式・宅地批準方式)のうち、路線価方式か倍率方式を利用して評価される。どちらの評価方式によるか・・・
相続税の対象となる私道の評価
私道の評価については、基本的には自用地価額の0.3をかけた額(=自用地の30%)となるため、自用地の価額が1000万円であれば私道は300万円という・・・