終活の基礎知識やエンディングノートなど

エンディングノートの墓・埋葬の箇所を記入する時の注意点は?

終活を始めようかと考えた時に、まず思い浮かぶのが遺書やエンディングノートの作成だろう。エンディングノートには様々な書式・項目があるが、自分の死後の埋葬方法・墓については最期の大仕事といえるだろう。

ノートに埋葬・墓について記入する際に分岐点となるのが、「墓が既にあるのか?」「墓は継続できるか?」「墓は必要か不要か?」の答えとなる。先祖代々の墓があり承継者となる子供・親族がいるのなら、墓について何も考える必要はない。しかし、墓はあるが承継者がおらず継続できそうになかったり、墓が無いから新しく購入したいが子供の負担になりそうだったりすれば熟考が必要となる。

また、墓があれば埋葬は火葬して墓に納棺となるが、墓が無い(もしくは墓仕舞いをする)なら埋葬方法を考えなくてはならない。墓が不要となる埋葬方法の代表は散骨だが。その他に手元供養であったりゼロ葬(遺骨を持ち帰らない)という選択肢もある。このように墓の有無によって埋葬方法も変わってくる。

それでは具体的にエンディングノートには、どのような項目があり、どのように記入すればいいのだろうか。また、何か注意点はあるのだろうか。

エンディングノートの埋葬・墓の希望の項目

まず最初の項目で、先祖代々の墓・墓を新規購入永代供養墓散骨樹木葬・家族に任せるの選択肢から選ぶことになる。冒頭で最期の大仕事と記述したが、悩むようなら家族に任せるという選択肢も悪くはない。一見すると無責任で短絡的な選択肢に見えるが、自分の死後に墓を長きに渡って実際に管理するのは遺族で、故人は意思はあれど介在はできない。子供が遠方に住んでいれば墓を自分の近くに移したいと考えたり、結婚相手との両家墓にしたいと考える可能性もある。基本的には自分の希望を記入すればいいが、様々な迷いがあるなら家族に任せるというのも1つの手だ。

次に注意すべきは、上述のどの選択肢を選ぶにしても「費用があるのか?」という点だ。エンディングノートによっては、支払い済み・相続財産を使用・家族に任せるの選択肢から選ぶことになっている。支払い済みでなく相続財産を使用する場合には、遺族からすれば相続財産が減るため良い顔をしない遺族が出てくる可能性がある。

墓・埋葬の費用を自分で支払い済みであっても、遺族と事前に話し合いをしていないと、結局は改葬でしたりと無駄な費用となる可能性がある。そのため事前に遺族と費用については話し合っておいた方が賢明だ。

ちなみにエンディングノートには、遺族に対する法的拘束力が無い。あくまで故人の希望でしかないため、誰かに何かを任せるにしても希望通りにならない可能性がある。絶対に履行して欲しいなら遺言で残す必要がある点に注意が必要だ。

以上がエンディングノートと埋葬・墓についてだが、その他に終活について不明点・疑問点が出てくることもあるだろう。インターネット・書籍等でも不足するようなら、終活セミナー等に参加して専門家や同じ境遇の人の話を聞いてみるのもいいだろう。