贈与税の概要 一覧

どのような場合に贈与税は課税されるのか?
全ての贈与が課税されるわけではなく、1年間の贈与額が基礎控除額である110万円を超えた額に課税され、その額に応じて税率を掛けて納税額を計算・・・
贈与税は一般か特例税率かで天と地の差
特例税率と一般税率があり、特例税率に該当しなければ一般税率が適用される仕組みになったことだ。その特例税率に該当するには、「直系尊属から・・・
生命保険も注意しないと贈与税が課税?
みなし贈与財産として贈与税の課税対象となる保険金は、「保険料を支払った者以外が受け取った保険金」とされている。具体的には、父を被保険者とした・・・
低額譲受や債務免除も贈与税が課税
一見すると財産ではない物でも、みなし贈与財産(贈与によって取得したとみなされる財産)として贈与税の対象となる物がある。その中でも特に注意すべき・・・
贈与税が課されない財産もある?
贈与ではあるが贈与税が課されない財産・ケースも存在する。代わりに他の税金が課される場合もあるが、他の税金も課されないことがあるため誤って贈・・・
贈与税の配偶者控除
贈与税の配偶者控除は夫婦間での贈与が全て控除されるわけではなく、居住用の不動産ないしは居住用不動産の取得資金の贈与に限定される。とはい・・・
相続時精算課税制度のメリット
相続税対策として贈与を利用する人が多い中で、控除額と共に注目されているのが相続時精算課税制度だ。それではどのようなメリットと、どんなシーン・・・
相続時精算課税制度の税額の計算
相続時精算課税制度を利用すると、贈与時に通常の贈与税とは異なる贈与税を支払い、その後の相続時に相続税から支払い済みの贈与税を差し引いて納税・・・
直系尊属から住宅取得のための贈与
110万円を超えた額に対して課税される。ただし、両親から住宅を取得する子供へ贈与した場合には一定金額は贈与税が非課税になる。この制度を・・・
贈与税の申告と納付
まず提出期限と提出先についてだが、受贈者(贈与を受け取った人)が、贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日までの間に贈与税の申告書を・・・
贈与税の納税猶予
3つのケースにおいては延滞税・利子税も加算されずに納税が猶予されることがある。その3つのケースは「災害により損失を受けた場合」「農地の贈与・・・
教育・結婚子育て資金の非課税枠
祖父母・父母から子供・孫への教育資金、ないしは結婚・子育て資金のための贈与であれば一定の非課税枠が設けられた。2019年3月末までの特例・・・