埋葬・墓(墓地)・仏壇の基礎知識や選び方・予算など

いつまで・誰が墓参りをするかにより墓は種類とスタイルが異なる?

墓・墓地を漠然と購入しようと思った際に気になるのは、どのような形式・種類が墓にはあるのか?という点だろう。墓地は経営・運営主体によって「公営墓地」「民営墓地」「寺院墓地」、墓地の状態・形などにより屋外墓地・屋内墓地、誰が墓に入るかによって家墓・夫婦墓・合葬墓などに分かれる。

さらに「いつまで」「誰が」墓参りするか?でも墓の種類・スタイルが異なってくる。今現在でも最も一般的な墓である「家墓」は、墓石に○○家之墓と彫られている墓だが、この場合に墓参りをする人は、子々孫々が先祖の墓を半永久的に参る墓といえる。

家墓の場合の墓石の文字例

これに対して「いつまで」墓参りをするかを区切った墓がある。例えば、夫婦墓であれば夫の死後は妻が墓参りをするが、妻の死後は僧侶が供養して一定期間を経れば合葬されるといったパターンがある。家墓の場合にも30年・50年ごとに墓の継承者を確認して、継承者がいなければ合同墓に合祀されて僧侶が供養することがある。こういった墓を総じて「有期限の墓」と呼ぶことがある。

「いつまで」が半永久的だとしても、家墓のように子々孫々が墓参りをするのではなく僧侶が供養するため、「誰が」墓参りするかという点で一般的な概念とは異なる墓もある。その代表格が永代供養墓で、僧侶が半永久的に供養してくれる墓として、雑誌に取り上げられるなど昨今話題になっている。

永代供養墓は大まかに分けると、一定期間を経過すれば合同墓に合祀されるものと、始めから合祀されるものがある。前述した夫婦墓で一定期間経過後に合祀されるのは、夫婦で子なし場合の永代供養墓でも多いパターンだ。後者の始めから合祀されるのは、生涯独身・離婚者などで墓の継承者が生前から分かっていた人が利用することが多い。

永代供養墓のイメージ

もちろん、通常は継承者となる子供がいても、墓が子供の負担になることを見越して永代供養墓を利用するケースも多い。墓の手入れや無縁墓になるリスクを回避する意味でも、永代供養墓は人気になっている。

ちなみに海への散骨・樹木葬などの自然葬は、「いつまで」「誰が」が曖昧な墓といえる。いつまで墓を参りするかといえば、故人を覚えている人が当該地を訪れられる限りで、誰がといえば故人を覚えている人が生存している限りと言えなくもない。故人が忘れ去られると供養がなくなるのが嫌であれば、永代供養付き自然葬という選択肢もある。

以上が誰が墓参りするかによる墓の種類についてだが、その他に墓・墓地について不明点・疑問点が出てくることもあるだろう。ネット・書籍などで情報収集しても腑に落ちないなら、お墓のセミナーや見学会などに参加してみるのもいいだろう。