埋葬・墓(墓地)・仏壇の基礎知識や選び方・予算など

自然葬の1つの樹木葬のメリット・デメリットと費用は!?

昨今、亡くなった後の遺骨を自然の中に還して葬る「自然葬」が人気となっている。自然に還すという意味では散骨も自然葬の1つだが、樹木葬にも俄かに注目が集まっている。それでは樹木葬とは如何なる埋葬方法で、どのようなメリット・デメリット・注意点があるのか?

まず樹木葬の概要だが、樹木葬は通常の墓とは異なり納骨棺(カロート)は設けず、掘り下げた土中に遺骨を埋めて土をかけて埋葬する。土の上にはツツジ・ウメモドキ・サクラ・クスノキなどの花木(花が咲く木)を植えて、それが墓石の代わりの墓標となる。墓標として植えた小さい木は、埋葬してから成長していき花をつけ、その下に眠る遺骨は樹木を通して自然に還ることになる。

樹木墓地の例イメージ

納骨棺・墓石が無いのに加えて、明らかな区切りが存在しなたいめ外柵も無いのが樹木葬の特徴だ。一応は樹木の近くに故人の名前を刻んだ石のプレートが置かれることもあるが、それも墓地によっては存在しないこともある。

いきなり遺骨を土中に撒くことに抵抗がある人のために、一定期間(三十三回忌など)は土中のスペースに遺骨を骨壷ごと安置して、その後に土に還す方法を取る樹木葬もある。個別に骨壷ごと安置する場合と、合同墓(共同墓)のように不特定多数の骨壷と一緒に安置する場合がある。前者と後者を区別するために前者を樹木墓地と呼び、後者を樹林墓地と呼ぶことがある。ただ、歴史が浅いため明確な呼び方の違い(合葬でも樹木墓地と呼ばれることがある)は固まっていない。

樹林墓地のイメージと断面図

また、同じ樹木葬でも散骨に近い形式のものもあり、一般的な樹木葬と区別するために「散骨樹木葬」などとも呼ばれる。こちらは遺骨を山林(もちろん社会通念に反しない節度ある場所)の一定範囲に撒いて、中心に墓標かつ目印として木を植える。個別に特定の樹木を設けるのではなく、周辺一帯の自然に還るということになる。

遺族の供養については、献花台・礼拝堂が共用で利用でき、焼香をあげたり献花をすることができる。ただ、墓地によっては山火事や環境に配慮して線香をあげることを禁じていたり、供物(特に食べ物)はクマなどの動物を引き寄せるため禁じていることがある。それでも献花はできるため供養に訪れても礼節は尽くせる。

費用は個別に埋葬して一定期間経過後に合葬されるパターンと、はじめから合葬されるパターンで価格が異なる。前者であれば公営墓地で15万円程度、民営墓地で20~40万円程度になることが多い。後者だとスペースの関係で値上がりし、公営墓地で20万円程度、民営墓地で40~60万円程度になることが多い。

それでは樹木葬には、どのようなメリットがあるのか? 自然に還ること以外に考えられるのは「墓の継承者が不要」「年間管理費が安い or 無料」「トータルの費用が安価」「宗旨・宗派不問」「永代供養も可」「参拝者が花見を楽しめる」等々が挙げられる。その中でも、いずれは合葬されるため墓の継承者が不要で、永代供養付き樹木葬であれば僧侶が定期的に読経して供養してくれるのが人気の要因のようだ。また、参拝者が花が咲く頃になれば故人を思い出して、花見がてら墓に来れるというのもポイントだ。

他方で、デメリットには「手を合わせる場所が無くなる」「自然災害」「公営墓地は抽選が10倍以上で高倍率」「遺骨が取り出せず改葬できない」「管理体制が不十分であれば荒廃する」「墓地の撤去が容易」等々が挙げられる。その中でも、いずれ合葬されるため参拝する場所が無くなり、かつ共用の献花台を利用することを遺族が良しとするかは重要だ。親類縁者全ての同意が無いようだと、故人の意思とはいえ遺族(特に代表者)が白い目で見られる可能性がある。

さらに「自然災害」と「管理体制」も見逃せない。石造りの墓であれば多少の暴風雨でもビクともしないが、樹木であれば簡単に折れてしまうことが考えられる。さらに管理体制が不十分であれば樹木が枯れてしまう可能性もある。それも含めて自然に還るとも考えられるが、墓参りに来た人にとっては如何ともし難い気持ちになるだろう。ずさんな管理体制だけでなく経営もずさんだと、民営なら墓地の撤去の可能性がある。墓石だと一苦労の撤去も樹木であれば簡単な点も不安なポイントだ。

また、遺骨を土に埋めてしまえば改葬しにくくなる点も注意したい。遺骨を埋めた周辺の土を移動するという手もあるが、それで果たして移動したことになるかは個々人の考えによるところではないか。。。将来的に改葬する可能性が無いかも頭の片隅に置いておいた方がいい。

以上が樹木葬についてだが、デメリットは適切な業者を選択したり立地を考慮することで回避できなくもない。歴史が浅い埋葬方法だけに通常の墓よりも慎重に検討・確認した方が賢明だろう。その他に墓・墓地について不明点・疑問点が出てきて、ネット・書籍などで情報収集しても腑に落ちないなら、お墓のセミナーや見学会などに参加してみるのもいいだろう。