埋葬・墓(墓地)・仏壇の基礎知識や選び方・予算など

愛犬家・愛猫家はペットと入る墓も検討の余地アリ!?

昨今では「墓が無い」「墓の継承者がいない」「墓を建てる費用が大きな負担」等々の理由で自然葬改葬などを検討する人が多い。これは少子高齢化が原因の一端だが、その一方で増えているのがペットの数だ。ペット数の増加はペット愛好家が増えている証左であり、そういった人のためにペットと一緒に入れる墓が増えている。

ペットと共に埋葬できる墓地では、ペットが先に死亡したならペットの遺骨を先に納骨して、主人が死亡したら追って納骨できるようになっている。また、ペットを火葬したが遺骨を手元供養で残しておいて、副葬品(遺骨と共に埋葬する物)として主人が死亡して納骨する際に同時に納骨することができるようになっている。

ペットと一緒に入る墓

そういった墓地には同じようにペットを愛する人が訪れる(ないしは見学する)ことが多いため、墓地の周囲にはドッグラン・ペットとの休憩スペース・足を洗う水場なども併設されていることが多い。さらに犬・猫だけでなく鳥・爬虫類・魚とも埋葬可能としている墓地があるため、それに関係してか墓地周辺は自然が豊富なこともあり、バードウォッチング・ピクニックを可能としていることもある。

ただし、ペット(動物)との埋葬を望まない人がいるのも確かで、同じ区画にあることを毛嫌いする人も少なからずいる。かつては前世の悪行の報いで動物になったなどという宗教観があったこともあり、それが根強く残っている人・地域も存在するということだ。未だ公営墓地ではペットと共に入る墓が無いのも確かだ。そのため、そういった人のためにペットと共に入れる墓は他の墓の区画とは分けられていることが多い。ペット愛好家からすれば、そういった人と同じ区画でないことが嬉しいかもしれないが。。。

何はともあれ、冒頭で記述したようにペット愛好家の数が増えているのは確かで、民営墓地を中心に数が増えているのは間違いない。関東でも既に5~6件の民営墓地はペットとの埋葬をウィズペットという名称で展開しており、関西地方でも幾つかあるため探せば自分の希望する地域にもある可能性が高い。

with petのコンセプトイメージ

それでは肝心の費用はいくらなのか?となるが、これまで記述したようにペットとの埋葬は区画を別途で設けてはいるが、一般的な民営墓地と同額か少し高め(区画よりも墓地自体が高め)になっていることが多い。例えば、関東の某霊園だとペット区画は約1.5平方メートルで、永代使用料が約100万円、年間管理料が1万円、墓石代が約80万円(墓石の一部に動物のモチーフを付加)となっている。

一瞬たじろいでしまう額かもしれないが、ペットを手厚く弔おうとすると火葬料で約4万円で、個別の納骨堂だと約6万円で約10万円が必要になる。納骨堂ではなく人間と同様の墓に入れるべくペット霊園を利用するなら、墓地使用料と石塔で約20~40万円になる。それを考えれば、ペットの墓+民営の安い墓の場合とペットと同じ墓に入った場合とでは、費用は同額程度と言えなくもない。費用面からいえば、新しく墓の購入を検討しているペット愛好家ならペットと一緒に入る墓は選択肢になり得る。

ただ、一方ではペットにまで宗教を課すのか?と考えると、ペットと共に墓に入ることの妥当性には疑問符は付く。宗旨・宗派不問の墓なら良いのか?ともなるが、散骨するならいざ知らず、僧侶が読経して供養するなら似たようなものだ。最終的には個々人の考えにもよるが、それで本当に良いのかは熟慮する必要があろう。

以上がペットと入る墓についてだが、その他に墓・墓地について不明点・疑問点が出てくることもあるだろう。インターネット・書籍等でも不足するようなら、セミナーや見学会に参加して専門家や同じ境遇の人の話を聞いてみるのもいいだろう。