埋葬・墓(墓地)・仏壇の基礎知識や選び方・予算など

墓の継承者になれるのは長男だけか?そして継承時の費用は??

一般的に一家の墓(家墓)を継承するのは、その家の長男か、夫亡き後の妻などの故人の配偶者という観念が強い。ただ、民法などの法律を見れば、必ずしも長男でなければならないという規定はなく、判例で「慣習に従う」という表現に留まっている。そのため墓の継承者は長男ではなく次男・三男でもよく、長女・次女でも良いといえる。

ただ、前述したように一般的に長男が継承者となることが多いため、墓地での手続き上は長男ではない場合には通常とは少し異なる手続きが必要となることがある。それでは墓を継承する際には、どのような手続と費用が必要で、さらには墓の継承者を故人が指定したい場合にはどうすればいいのだろうか?

まず墓を継承する時の手続きだが、一般的に墓地管理者から名義変更届(承継使用申請書)を入手して、必要事項を記載して名義変更手数料と共に提出すれば完了する。書類には申請者の実印と印鑑登録証明書が必要になることが多い。さらに墓地によっては申請者と前任の使用者の続柄が判別できる戸籍謄本、前任の使用者の死亡を確認するための死亡届のコピーや葬儀の領収書も求められることがある。

墓地の名義変更届(承継使用申請書)の例イメージ

書類の提出と共に支払う名義変更手数料は、墓地によって金額が異なる。公営墓地であれば無料か1~2千円程度だが、民営だと5千円~1万円となり、寺院墓地だとお布施となり明確な基準はないが1~3万円程度も包めば十分だろう。ちなみに申請書と永代使用許可証の再交付申請が一体になっていることもあるため、今後のために取得しておいてもいいだろう。

以上は長男が墓を継承する場合だが、長男・次男の2人兄弟などで長男がいるのに長男以外が墓を継承する場合には、次男の名義で申請書を記入しつつ、墓の継承を協議の上で次男に任せる旨を記載した「協議成立確認書」が必要となる。これに長男(他にも兄弟姉妹がいれば全員)の署名と捺印が必要になる。この場合には次男の実印+印鑑登録証明書ではなく、代表者(この場合は長男)の実印+印鑑登録証明書でも良いことが多い。

他方で、長男を含む遺族の協議ではなく、自分の死後に長男以外に墓を継承させた場合にはどうすればいいか? この場合には通常の遺産相続と同様に、誰を継承者にするかを遺言書に記せばいい。ただの書面や口頭でも良いと考えられているが、トラブルの種になりかねないため、遺言書(確実にするなら公正証書遺言)が望ましい。

ちなみに墓の継承者には血族の相続人以外を指定することもできる。子供・配偶者がいるが兄弟姉妹を墓を継承者にしたり、友人・知人といった第三者を指定することもできる。ただし、墓地によっては墓の継承者は「3親等内の血族・姻族」と区切っていることがあるため、遺言書の前に墓地管理者に確認した方が賢明だ。

以上が墓の継承者と費用についてだが、その他に墓・墓地について不明点・疑問点が出てくることもあるだろう。ネット・書籍などで情報収集しても腑に落ちないなら、お墓のセミナーや見学会などに参加してみるのもいいだろう。