埋葬・墓(墓地)・仏壇の基礎知識や選び方・予算など

改葬の手順と必要になる複数の手続きとは!?

改葬(お墓の引越し)は現在の墓・遺骨を別の墓地に移転することを意味する。「墓が遠方のため墓参りが負担」「寺との付き合いが負担」等々の理由から増加しており検討者も多い。改葬を検討する上では特に煩雑な手続き云々を憂慮する人が多いが、手続きよりは改葬の事前確認ポイントと費用を抑えておきたいところだ。問題なくクリアできそうなら、いよいよ手続きに入ればいい。

改葬の大まかな流れ

改葬の手続きは、大まかにいえば役所で改葬許可申請手続きをして、それと同時に改葬先の墓地で受入証明書(永代使用許可証)を入手して、改葬前の墓を撤去して遺骨を取り出して、新たな墓地に改葬許可証を提出して納骨するという流れになる。

細かく手続きを見ていくと、第一に墓が現在ある場所の市区町村役所から改葬許可申請書を入手して必要事項を記載する必要がある。記載事項には改葬前の墓地管理者(寺院墓地なら寺院の住職)の署名・捺印も必要になる。書類自体は各役所のHPからダウンロードできることが多く、郵送での提出も可能なため墓が遠方にあるなら積極的に利用すればいいだろう。

改葬許可申請書の記入例イメージ

注意したいのは、各自治体によって書式が異なるため流用ができない点と、複数の遺骨を改葬する場合には複数の申請書が必要になる自治体もある点だ。役所によっては申請書の提出の際に改葬先があるのを確認するため「受入証明書(永代使用許可証)」の提示を求められることがある。さらに現在の墓地の遺骨場所を証明するために、改葬前の墓地管理者から入手できる「埋蔵証明書」の提出を求められることもある。

受入証明書(永代使用許可証)は、役所によっては不要となることもあるが、既に墓地を取得しているなら墓地管理者から既に受け取っているはずだ。新たに墓地を取得するなら、改葬前に当然ながら墓地を取得して許可証を入手する必要がある。

改葬申請書の提出(+受入証明書の提示)が改葬元の役所で受理されれば、改葬許可証が受け取れる。改葬許可証が入手できれば、改葬元で残る作業は墓の撤去となる。墓の撤去には墓石から仏の魂を抜いてタダの石に戻す閉眼供養をする必要がある。といっても変わった儀式ではなく僧侶に読経してもらい親族が焼香して供養すればいい。その後、遺骨を取り出して墓石を撤去し、墓地区画を更地に戻して墓地を管理者に返還することになる。

改葬元の墓から取り出した遺骨は、改装先の墓に移動して改葬許可証を提出して納骨すれば改葬は完了となる。新しく改葬のために墓を建立したなら開眼供養も必要となる。この段階で注意すべきは、移動時に骨壷が破損しないように細心の注意を払うことだ。骨壷は地中に長く置いておくと、ヒビが入っていたり劣化して割れやすいことがある。劣化しているようなら新しい骨壷に代えるのも手だ。遺骨が土に還っている場合には、墓の下の土を遺骨として移動することになる。

また、閉眼供養から骨壷を取り出して、改葬先の墓に納骨するまでを1日で済ますのが難しいことがあるだろう。そういった場合は骨壷を一旦は自宅の仏壇に置いたり、納骨堂の一時預かりを利用するといい。石材店によっては、これらを含めた改葬サービスを提供していることもある。

以上が改葬の手順と手続きについてだが、その他に墓・墓地について不明点・疑問点が出てくることもあるだろう。ネット・書籍などで情報収集しても腑に落ちないなら、お墓のセミナーや見学会などに参加してみるのもいいだろう。