埋葬・墓(墓地)・仏壇の基礎知識や選び方・予算など

ペットの埋葬方法とペットの墓には様々な選択肢がある!?

ペットを飼う人が増えて久しいが、最近ではペットは家族の一員という認識が強くなってきている。そのためペットが死亡すると、それまでの楽しい思い出への感謝と共に手厚く葬ろうと考える人が多い。それではペットの埋葬方法・墓には、どのような選択肢があるのか?

ペットの埋葬方法・墓には概ね「①自宅の庭に埋葬」「②自治体に依頼」「③主人と同じ墓に入る」「④ペット霊園や納骨堂」の4つがある。どの方法にもメリット・デメリットがあり、幾つかの注意点も存在する。当然ながら費用も異なるため慎重に選択する必要がある。

まず「①自宅の庭に埋葬」だが、人間でいう土葬を庭で行うことになる。人間の遺骨の場合には墓埋法によって場所が制限されるが、ペットに関しては法律上の規制は無く自宅の敷地内に埋葬しても何ら問題は無い。しかし、自治体によっては条例で禁止していたり、穴が浅いと腐敗臭で近隣住民に迷惑をかける可能性があるため注意が必要だ。

また、そもそもマンションであったり、庭が狭ければ不可能な方法でもある。庭ではなく河川敷や山に埋葬すればと考えるかもしれないが、あくまで自宅の敷地(私有地)であるから違法にならない点を忘れずにおきたい。山・河川敷などの国有地や他人の私有地にペットの遺骨を埋葬すると「廃棄物処理・清掃に関する法律」や「軽犯罪法」「迷惑防止条例」に抵触して罰金を科せられる可能性がある。

ちなみに自宅の庭に埋葬することを手厚い葬り方ではないと思うかもしれないが、自宅の庭であればペットが走り回っていた愛着のある場所であり、死後も家族の近くにいると思えば悪い埋葬方法ではない。飼い主からしても何時でも供養でき、費用もゼロに近い点もメリットといえる。ただ、自宅で処分するにしても役所の届出は必要になる点は忘れずにおきたい。

ペットの死亡届

「②自治体に依頼」は、前述した自治体の禁止条例やマンション住民が増えたことで、最近では最もポピュラーな埋葬方法になっている。居住地の役所に電話すればペットの遺体を引き取ってくれて火葬してくれる。自治体によっては合葬墓に埋葬してくれたり、希望者にペットの遺骨を返還してくれることもある。さらに盆・彼岸に慰霊祭を開催して供養してくれることもある。

他方で、こういったサービスが無い自治体もあり、挙句には一般廃棄物としてゴミと同様に引き取りと廃棄処分をする自治体も僅かにある。自治体の財政的な問題で止むを得ない可能性もあるが、飼い主側としては不快になること極まりないだろう。そのため、事前に自治体に引き取り方を確認した方がいい。

また、料金も自宅の庭に埋葬する場合と異なり、無料という訳にはいかない点には注意が必要だろう。費用は自治体によって異なるが、役所の清掃事務所まで持ち込めば2~3000円程度、自宅まで引き取りに来てもらうなら6~7000円程度が必要になる。

次に「③主人と同じ墓に入る」だが、とりあえず自治体か業者に依頼して火葬し、火葬後の遺骨は主人が死亡した際に同じ墓に入るという方法だ。人並に手厚く葬ろうと考えているなら、いっそのこと同じ墓に入る方が、費用を考えても一定の合理性がある(詳細はペットと同じ墓に入るを参照)

ペットと一緒に入る墓

最後の「④ペット霊園や納骨堂」は、ペットの埋葬から供養(希望すれば葬儀も可)まで民間業者に依頼する方法で、ペット専用の墓地・墓石に埋葬することになる。人間と同様に樹木葬散骨手元供養も可能だ。業者はペットブームで乱立しているため、探すのは難しく無いだろうが、いかんせん歴史が浅いため近隣住民とトラブルになっている霊園もある。さらに自治体によっては条例で規制を始めている。

例えば、千葉県流山市や神奈川県相模原市はペット霊園の設置に市長との協議や、近隣住民への説明会を義務付け、さらに住宅・公共施設から霊園までの100メートル以上は離れることを規定している。埼玉県草加市だと申請・距離だけではなく、管理事務所・駐車場・敷地境界に緑地や障壁などを設置することを義務づけている。景観を重視する京都市では住居地域及び準住居地域でのペット霊園の設置を禁止するほどに徹底されている。

ペット霊園を条例で規制する自治体の一部

そのため自分でペット霊園を十分に調査した後でも、あくまで自己責任でペット霊園を利用する必要がある。条例違反や近隣住民とのトラブルで、ペット霊園が移転(最悪は撤去・撤収)する可能性も十分にある点は抑えておきたい。可能であればペットを看取ってもらった動物病院や、役所が紹介してくれたペット霊園を選ぶと安心感がある。

またペット霊園の料金は千差万別で、かなり高額になるケースもある点に注意したい。自治体で依頼すれば数千円だが、ペット専用の霊園だと火葬だけで1~3万円、個別の火葬で立ち会を希望するようなら5~7万円は必要になる。さらに遺骨を納骨堂に納骨するなら年間3~5万円だが、納骨堂ではなく人間に近い墓地・墓石となると費用は跳ね上がる。墓地使用料(永代使用でないことが多い)で約10万円、年間管理費が2万円、墓石で15~30万円は必要になってくる。こうなると人間が公営墓地に入るのに近い額になる。

前述したように、それほどの費用が発生するならペットと同じ墓に入る方法を検討するのも手だ。もちろん先祖代々の家墓だと不可能が高いため、新しく墓を建てることになるが。。。また、同じ弔い・偲びにしても手元供養という手もあるため、ペット専用の墓を高額と思うなら手元供養を検討してもいいだろう。

以上がペットの埋葬方法・ペットの墓についてだが、その他に墓・墓地について不明点・疑問点が出てくることもあるだろう。インターネット・書籍等でも不足するようなら、セミナーや見学会に参加して専門家や同じ境遇の人の話を聞いてみるのもいいだろう。