埋葬・墓(墓地)・仏壇の基礎知識や選び方・予算など

永代供養墓の平均費用・予算と選択する際のポイントと注意点!?

墓・墓地を購入しようと思った時に、墓の継承者がいない、ないしは墓を子供の負担にしたくないと考えている人は永代供養墓を検討していることだろう。永代供養墓であれば寺院・僧侶が供養・弔いと墓の管理をしてくれるため、うってつけの存在といえよう(詳細は永代供養墓の特徴を参照)。特に費用・予算は一般的な墓よりも安価なため、安さを追求してしまいそうだが、費用・予算を含めて永代供養墓を選択する上で幾つかのポイントがある。

まず永代供養墓の費用・予算についてだが、一般的には「永代供養料」「墓所使用料」「納骨供養料」「刻字料」の4つで構成されることが多い。永代供養料は永続的に弔い・供養をしてもらうための料金で、墓所使用料は墓所の一部スペースを使うための料金、納骨供養料は納骨の際の読経料、刻字料は墓の墓誌・プレートに名前を刻むための料金と考えればいい。

概ね4つを合算して10~100万円程度になることが多いが、永代供養墓の外観・立地は元より墓誌や供養の方法によって価格はブレる。永代供養墓でも外観・立地に優れていれば高額になり、供養も年1回ではなく朝夕の読経に加えて彼岸・お盆に合同法要を開くなど、寺院・僧侶による供養が手厚くなる程に高額になる。立地が良い墓地で個別スペースで三十三回忌まで供養してもらったりすると200~300万円ほど必要になるケースもある。

横浜市営の永代供養墓・合葬墓

もちろん逆の安いパターンも、公営墓地の合葬墓を代表に存在する。公営墓地の合葬墓は寺院墓地の永代供養墓と同じく永続的な供養はあるが、個別に墓石を立てず利用開始時から合祀されるため非常に費用が安い。例えば、東京都の都立霊園の合葬施設は事前申し込みで約6万円で、樹木葬であれば約4万円で募集していた。公営墓地のため激しい抽選をクリアする必要がある点は忘れずにおきたい。

このように一口に永代供養墓の費用・予算といっても、10~200万円と幅があるのが実情だ。しかし、これだけ幅が広いと予算を組みにくく、これから貯金するにしても目安としては心もとない。そこで下図の永代供養墓の費用についての厚労省及び研究機関の調査データを見て欲しい。

永代供養墓の平均予算・平均費用

この調査では、永代供養墓に要した費用が10~50万円の人が約40%、50~100万円の人も約40%となっている。さらにいえば、10~50万の人のうち半数が30~40万円、50~100万円の人のうち半数が50~60万円となっている。このデータを元に考えれば永代供養墓を検討しているなら、最低でも30万円は見積もる必要があり、平均的な予算でも60万円を見積もっておけば足りるといえる。

とはいえ、あくまで30万円・60万円は目安でしかない点を忘れずにおきたい。仮にAとBの2つの永代供養墓で迷っていて、Aだと目安の費用をオーバーするが明らかに印象・管理体制等が良いなら迷わずAを選ぶべきだ。永代供養墓のメインサービスは弔い・供養という見えないサービス(かつ自分の死後に受けるサービス)であり、ろくに弔い・供養されない安い永代供養墓では無意味だからだ。その点の見極めが永代供養墓では非常に重要となる。

それでは、どのような点をチェックすればいいのだろうか? 前述した予算・費用に絡む点では「遺骨の安置期間と期間終了後の扱い」「供養の程度・回数」は元より、「年間管理費の有無」も確認した方がいい。昨今では永代供養墓でも遺族がいる間は年間管理費を徴収するケースも増えてきている。永代使用料の支払いも、一括払いではなく分割払いができないか?なども聞いてみる価値はある。

また、寺院墓地の永代供養墓であれば、「檀家になる必要性の有無」「宗派違いによる戒名の変更」なども確認しておくといいだろう。その際には民間企業が募集している寺院墓地であっても、住職と直接会って人柄なども確認できると、なお良しといえるだろう。民間企業が管理するのは募集と施設の整備だけで、弔い・供養をすることはできない。弔い・供養は僧侶・住職がすることになるため、その住職の印象が悪かったり態度に不満を感じるようであれば、その永代供養墓は辞めた方がいいだろう。

以上が永代供養墓の予算・費用と選択する上でのポイントについてだが、その他に墓・墓地について不明点・疑問点が出てくることもあるだろう。ネット・書籍などで情報収集しても腑に落ちないなら、お墓のセミナーや見学会などに参加してみるのもいいだろう。