埋葬・墓(墓地)・仏壇の基礎知識や選び方・予算など

海洋葬のメリット・デメリットと費用の目安は!?

昨今、「墓が無い」「墓の継承者がいない」「墓を建てる費用が大きな負担」等々の理由で、遺骨を自然に還す自然葬が人気になっている。自然葬は散骨・樹木葬などがあるが、散骨の中で最もポピュラーなのが海に遺骨を撒く海洋葬だ。

海洋葬で海に遺骨を撒くといっても、船の準備などもあり幾つかのパターンに分かれる。船の使い方によって「個別散骨」「合同散骨」「委託散骨」の概ね3つがあり、個別散骨が最も費用が高く、合同散骨・委託散骨の順に費用は安くなる。どのパターンにせよ遺骨を粉末にする必要があるため、火葬場か葬儀社には火葬前に依頼しておく必要がある。

海洋葬のイメージ

さて、まずは個別散骨についてだが、遺族が船を一隻チャーターして添乗員と共に海に向かうことになる。沖合いに出て船上から遺骨を撒くか、水溶性の紙に包んで海に投げることになる。沖合いといっても漁場や釣り場になっている場所は避ける必要があり、献花も可能だがラッピングを外したり花びらだけにするなどの配慮も必要だ。業者によって費用は異なるが、20~40万円程度になることが多い。

合同散骨だと1組の遺族だけではなく、2~3組の遺族で船をチャーターして散骨することになる。あとの基本的な流れは個別散骨と同様だが、複数組で船をチャーターするため費用は10~20万円程度と安くなる。委託散骨だと、遺族は遺骨を船に預けて陸地で待ち、お任せで散骨してもらうことになる。費用は5~10万円と一段と安くなる。

その他に、ハワイなどの海外まで散骨に行く「海外での海洋葬ツアー」や、セスナ・ヘリ等の飛行機をチャーターして「海洋沖の上空から散骨プラン」もある。前者は距離にもよるが数百万円、後者は20~40万円程度になる。さらに散骨後にも付近の海洋までクルージングして供養できるサービスプランもある。ただ、散骨は場所によっては社会問題になりかねないため業者と場所の確認を重ねて行う必要がある。

海洋での散骨の場所の可否

それでは海洋葬には、どのようなメリットがあるのか? 1番大きいメリットは「自然に還る」「海が墓(ロマンがある)」という精神面で、現実的には「費用は墓を建立するより安い」「宗旨・宗派不問」という面がメリットに挙げられる。海が好きで海外旅行をしていた人や仕事で海に携わっていた人、さらには海に特別な思い出(プロポーズされた・海沿いの家に住んでいた等)がある人には海洋葬を決めた時点で精神的な充足感があるはずだ。

墓参りをする側にとっては、海は数珠繋ぎで1つと考えれば、どこの海でも供養ができるともいえる。突き詰めれば、オホーツク海で散骨しても湘南海岸で供養しても不思議では無いということだ。また、供養をするシチュエーションを考えてみるに、毎朝に仏壇に向かい合って拝むよりも、朝日が昇る海に向かって拝む方がロマンがあると感じる人は多いだろう。

他方でデメリットには「分骨しない限りは墓は無い」「遺骨は取り戻せない」「親族からの反感」「散骨の実施数は多くはない」「費用は墓と同額程度になる可能性」等々が挙げられる。特に墓が無いと拝む対象として海があるとはいえ、そこに故人がいるかを確信できないため虚無感に襲われる可能性がある。散骨すれば従来の三回忌などの法要も無いため、供養する場面が無くなるのも供養する側からすると虚無感の原因になりえる。

それに気づいて墓を立てようにも、全ての遺骨を散骨してしまえば後戻りはできない。また、親類縁者が墓参りをしようにも墓が無ければ自宅に焼香をあげにくる可能性もある。もちろん、その親類縁者に「墓が無いとは罰当たり」「墓をケチるとは親不孝者」などと、故人の意思であるにも関わらず責められる可能性もある。

散骨の実施数は決して多くはなく、未だ墓が主流である点も反感を買う可能性を示唆している。2015-2016年段階で、東京都の年間死亡者は約11万人だが、その内の1%である約1000人が散骨しているに過ぎない。自分・故人・親類縁者のの出身地・居住地によっては、さらに比率が下がる可能性もあるだろう。

さらに散骨の件数が多くはないため、散骨を請け負う業者も未だピンキリで、望んだ通りの散骨にならない可能性もある。費用も個別散骨で20~40万円なら、公営墓地の合同墓・共同墓や納骨堂であれば入れる可能性がある。金銭面でのメリットは一般的な家墓よりは安いが、本当に安いかは微妙なところだ。

以上が海洋葬についてだが、デメリットは故人が事前に周囲に理解を求めたり、遺族へ説明したりすることで回避できる面が多い。また、遺骨の分骨や手元供養や業者選びで解決される点もある。デメリットを事前に把握し解決することが重要といえそうだ。その他に墓・墓地について不明点・疑問点が出てきて、ネット・書籍等で不足するようなら、セミナーや見学会に参加して専門家や同じ境遇の人の話を聞いてみるのもいいだろう。