埋葬・墓(墓地)・仏壇の基礎知識や選び方・予算など

手元供養が人気の理由とメリット・デメリットとは!?

昨今、「墓が無い」「墓の継承者がいない」「墓を建てる費用が大きな負担」等々の理由で、手元に遺骨を置いておく手元供養が人気になっている。少子高齢化が進んだこともあり、先祖代々の墓を継承・維持するのが困難となりつつあり、無縁仏・無縁墓となってしまうこともある。それよりは手元に遺骨(遺骨の一部)を置いて供養する方が妥当と考える人が増えているのも不思議ではない。

まず手元供養についてだが、手元供養は何も日本だけで広がっているわけではなく、欧米では「Funeral jewelry」「Cremation jewelry」「Mourning ring」「Memorial diamonds」という名称で普及している。これらは故人の遺骨・遺灰や髪の毛を加工して、指輪・ダイヤモンドなどの宝飾品にしたものだ。かつての洋画のワンシーンのように、ペンダント・ロケットなどにするケースも残っている。

遺骨ジュエリー

日本では、骨壷を安置する場所として家に仏壇があるのが普通だったため、遺骨を加工する必要は無かった。しかし、都市部への人口集中によって家が狭小化しており、自宅がある人も高齢になるとシニア向けマンションや老人ホームに引っ越すことで、仏壇を置くスペースに苦慮することがある。

他方で、日本では埋葬に対する考え方が変化しつつあることも影響している。かつてのように墓に納骨する代わりに散骨したり樹木葬にしたり、遺骨を火葬場に引き取ってもらうゼロ葬などが少しずつだが市民権を得始めている。しかし、これらは未だ過渡期であり、墓がないという違和感に苛まれる人も多い。散骨するにしても手元に遺骨の一部を残しておけば、いざという時に供養できるという安心感が手元供養が増えている要因といえよう。

手元供養で遺骨・遺灰を残す形状だが、そのまま遺骨を納める「納骨タイプ」と、遺骨を加工する「加工タイプ」の2つのパターンに大まかには分けられる。納骨タイプは通常の骨壷をかなり小さくしたミニ骨壷から、石・陶器製で地蔵・動物・プラミッドをかたどったオブジェが一般的だが、写真立てと骨壷が一体化した物など多様化している。据え置きではなく、肌身離さず持ち歩けるペンダント・お守り型もある。

手元供養のフォトフレームやオブジェ

加工タイプは、遺骨を混ぜたセラミックのプレートに写真を貼り名前を彫った物から、遺骨の成分を抽出してダイヤモンドにしたり、十字架のペンダントにした物などがある。どちらかというと加工タイプの方が形の自由度が高まるため、身に付けて動ける物が多い。どちらのタイプもピンキリで数千円から数万円まで幅があるが、ダイヤモンドになると最低でも50万円は必要になり価格は跳ね上がる。

それでは手元供養には、どのようなメリットがあるのか? 1番大きいメリットは「墓まで行かずとも供養できる」という点だろう。墓の掃除・献花などは、石材店や代行業者に依頼することもできるが、遺骨の前での供養に代替はできない。肉体的な負担で厳しい人から、海外赴任で遠方にいる人まで、このメリットは享受できる。また、「仏壇ほどスペースをとらない」「墓の代わりにすれば無縁墓化を防げる」「いつでも故人を感じられる」などのメリットも考えられる。

他方でデメリットには「代々引き継ぐ遺族の負担になる」「紛失・破損」「墓が無いと親類が自宅に焼香をあげに来る」「加工すれば元に戻せない」等々が挙げられる。この中でも遺族の負担についてだが、自分は良くても子供・孫・ひ孫の代になって処分に困るというケースが考えられる。遺骨は墓埋法によって簡単に捨てることができないのもネックとなる。あらかじめ手元供養をする人が自分自身が亡くなった後に、手元供養していた物をどうするか遺言書などで指示をしておく必要があるだろう。

また、遺骨の全てを加工すれば元に戻せない点にも地味に注意が必要だ。墓が無く手元供養だけにした場合、親類縁者が焼香をあげようにもペンダントを前にするのは奇妙に写るであろう。紛失・破損の懸念も注意が必要で、自宅に置けば紛失の可能性は下がるが、火事・地震によって破損する可能性は否定できない。

以上が手元供養についてだが、デメリットはあれど自分自身の将来を見据えた行動によって回避できなくもない。注意すべきは全ての遺骨を手元供養にした場合と考えれば、分骨すればいいともいえそうだ。その点に留意して手元供養を検討するといいかもしれない。その他に墓・墓地について不明点・疑問点が出てきて、ネット・書籍などで情報収集しても腑に落ちないなら、お墓のセミナーや見学会などに参加してみるのもいいだろう。