埋葬・墓(墓地)・仏壇の基礎知識や選び方・予算など

墓・墓地は経営主体・形状・祀られる人・墓参りする人で分類!?

墓・墓地を漠然と購入しようと思った際に気になるのは、どのような形式・種類が墓にはあるのか?という点だろう。形式や種類など無関係で、とにかく墓が欲しいという人もいるかもしれないが、そうすると墓選びの際に選択する項目が多いことに確実に戸惑うことになるため、墓・墓地には如何なる分類ができるかを知っておくことは決して損ではないはずだ。

それでは分類についてだが、墓石を置く墓地は第一に経営・運営主体によって分かれ、さらに状態・形状によっても分かれる。墓そのものは誰が入るかによって分かれ、さらに、いつまで誰が墓参り・供養をするかで分かれる。

まず墓地についてだが、経営・運営主体が市区町村などの自治体であれば公営墓地となり、民間企業であれば民営墓地、寺院であれば寺院墓地となる。各々にメリット・デメリットがあるが、一言でいえば公営墓地は墓地撤収のリスクが低く低コストだが、厳しい抽選をかいくぐる必要がある。民営は墓地撤収のリスクがありコストも公営より高いが、景観・景色が良く自由度が高い墓を建立できる。寺院は墓地撤収のリスクは低めだがコストは高めで、檀家になるなどの条件をクリアする必要がある。

墓地の分類と種類

さらに墓地は屋外墓地か屋内墓地かで分かれる。公営・民営・寺院墓地のうち屋外の土地の永代使用権を取得するか、屋内の土地(スペース)の永代使用権を取得するかという分岐がある。一般的に墓地は屋外のイメージが強いだろうが、屋外であれば墓参りをするにも天候の影響を受ける。他方で屋内であれば天候の影響を受けないが、屋内墓地は限られたスペースのため、こじんまりとした墓(納骨堂)になりがちだ。

次に墓そのものだが、墓に子々孫々が入るなら家墓となり、夫婦だけが入るなら夫婦墓、個人1人なら個人墓、2つの親族が入るなら両家墓、自分以外に他人も入っているなら合同墓となる。

どの形式の墓になるかは個々人の状況にもよるだろう。次男で墓は無いが墓の継承者である子供がいるなら家墓にしてもいいが、子供が既婚者であれば将来的には両家墓にするという選択肢もあり得る。子供がいないなら夫婦墓にして、夫か妻のうち長生きした方が供養して二人とも死去したら一定期間を経て合同墓にするというのも手だ。そもそも生涯独身の単身者・離婚者であれば個人墓か合同墓になるが、散骨などの自然葬にするのも手だ。

墓の分類と種類

また、いつまで誰が墓参り・供養するかでも墓そのものは分類される。前述の夫婦墓でも即座に合同墓に移るか、30年・50年は夫婦墓の体裁を保って僧侶(+子供・親戚)に供養してもらうこともできる。個人墓も一定期間の僧侶の供養後に合同墓に移るケースもある。このように僧侶によって半永久的に供養してもらう墓を永代供養墓という。

他方で従来の家墓は、子々孫々が半永久的に墓参りと供養をすることになる。その点で墓に入るものとしては見も知らない僧侶による読経よりは嬉しいかもしれない。ただ、家墓は血族が墓参りをするため、末代までで墓参り・供養が途切れることになる。また、子供が墓とは遠方に住んで仕事をしていれば、ろくに墓参りをしない可能性も無くはない。そういった考えもあってか永代供養墓は昨今では人気になっている。

ちなみに海への散骨などの自然葬は、墓が無いため明確な墓参り・供養は無いが、故人を覚えている人が当該地を訪れれば、それをもって供養・墓参りといえなくもない。故人が忘れ去られると供養がなくなるのが嫌であれば、永代供養付き自然葬という選択肢もある。

以上が墓の分類と種類についてだが、その他に墓・墓地について不明点・疑問点が出てくることもあるだろう。ネット・書籍などで情報収集しても腑に落ちないなら、お墓のセミナーや見学会などに参加してみるのもいいだろう。