埋葬・墓(墓地)・仏壇の基礎知識や選び方・予算など

仏壇の正しい参り方と日々の手入れとは!?

仏壇は本尊の仏を拝む小さな寺で、故人の位牌を置いて亡くなって仏になった故人を供養するものだ。仏壇を購入して開眼供養を済ませれば、あとは礼拝を日々することになるが、礼拝にも一定の作法がある。また、仏壇を可能な限り綺麗に長持ちさせるためには日々の手入れ・掃除も必要になる。それでは、仏壇の参り方の作法と日々の手入れは、どのような点に注意すればいいのか?

まず仏壇の参り方だが、仏壇の参り方は「五供(ごくう)」が基本となる。五供は5つの供物(供え物)という意味で、具体的には“香(こう)” “花(か)” “灯燭(とうしょく)” “浄水(じょうすい)” “飲食(おんじき)”で構成される。仏壇に5つの供え物をしてから礼拝することになる。

5つの供え物と聞いて大変だと思うかもしれないが、“香”は線香をあげて香炉に立てることで、“花”は供花を花立に供えることで、“灯燭”は燭台のロウソクに火を点けることと、一般的にイメージする仏壇の礼拝の仕方だろう。忘れがちなのは残りの2つの、茶湯器に水または茶を供える“浄水”と、炊きたての米を仏飯器に盛って供える“飲食”だろう。浄水は本来は清浄な水という意味だが、お茶や水道水でも十分だ。

仏壇の一般的な構成

次に礼拝の仕方だが、茶湯器に水、花立に花、仏飯器に米を供えたら、数珠を手にかけて一礼をする。次いでロウソクに火を点けて、その火で線香に火を点けて香炉に立てて、お鈴を2回鳴らして合掌する。この際に読経してお鈴を2回鳴らすのが正式な作法だが、読経できなければ無理にする必要はない。最後にロウソクの火を消して一礼して終わりだ。

これを朝晩に1回ずつするのが正式な作法だが、こちらも無理なら1日1回でも問題はないだろう。あくまで故人を弔い偲ぶのが目的であるため、礼拝が苦行となって苦痛を伴ったり、長続きしないようであれば意味が無い。ちなみに朝晩に礼拝をするなら、昼間は礼拝後に二重扉の内側だけ閉めて、夜は外側の扉も閉めるといいだろう。

そして日々の手入れについてだが、ロウが溜まる燭台や米を乗せる仏飯器は最低でも2~3日に1回は洗った方がいいだろう。茶湯器・花立も水アカが付く可能性があるため週に1回でも洗剤などで洗った方がいい。

仏壇全体は週1回か月1回でもホウキでホコリを取るか、から拭きで優しくホコリを払うといいだろう。本格的に掃除は盆・彼岸の時期にすれば十分だろうが、本格的に掃除をするにしても金仏壇などは金箔が繊細なため、こすらず軽く払う程度にした方が無難だ。漆塗りの唐木仏壇も優しく扱わないと漆が剥げる原因となるため注意したい。

以上が仏壇の参り方と手入れについてだが、その他に仏壇・墓・墓地について不明点・疑問点が出てくることもあるだろう。インターネット・書籍等でも不足するようなら、セミナーや見学会に参加して専門家の話を聞いてみるのもいいだろう。