全労済 マイカー共済(二輪車用)/ バイク保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

全労済 マイカー共済(二輪車用)
オススメ度:
4
保険会社:
全労済
名称:
マイカー共済(二輪車用)
基本補償:
対人・対物賠償
割引:
-
オリコン:
対象外
特徴:
自賠責でカバーできない備えをひとまとめにした頼もしい補償

全労済 マイカー共済(二輪車用)は補償を減らせば1万円以下の保険料も!

全労済は生協(生活共同組合)の1つで、1,000円程度の出資金を支払って組合員となれば各種共済・サービスを利用できる。全労済には自動車用のマイカー共済があるが、補償内容に若干の差異はあれどバイクでも加入できる。以下、共済(保険)の概要を記載し他社のバイク保険と比較する。

全労済 マイカー共済(二輪車用)の保険料・各保険金・補償内容・ロードサービスなど

まず基本補償だが、対人賠償・対物賠償・自損事故傷害などが付帯し、オプションで搭乗者傷害・人身傷害が選択できる。他社のバイク保険のように搭乗者傷害・人身傷害のいずれかを選択するのではなく、両方とも削減できる点で他社と異なる。そのため、これらの特約を外すことで相当に保険料を節約できる(保険料の他社比較は後述)それ以外の特約では弁護士費用などもあるが、注目すべきは自転車賠償責任補償だろう。これでバイクではなく自転車で事故を起こしても保険金が受け取れる。ちなみに他損保では三井ダイレクトにも、名称は違えど同様の特約が存在する。

その一方、注意すべき点も点在する。まずはロードサービスが付帯していない点だ。ロードサービスはJAFやクレジットカードなどで補完するしかない。さらに、自動車用のマイカー共済では車両保険(車両損害補償)が付帯できるが、残念ながら二輪車用のマイカー共済では付帯できない。盗難などが不安であれば販売店の保険等を利用するしかない。

次に、下図で各社のバイク保険・バイクで加入できる自動車保険を比較した。補償内容では対人賠償対物賠償人身傷害搭乗者傷害車両保険が基本補償か選択制か選択不可かを比較し、併せてロードサービスの有無も記載した。顧客満足度ではオリコンのバイク保険総合ランキングで比較した。

保険料面では走行距離・免許の色等の割引の他、20・30・40歳で原付(+125cc以下)の保険料をシミュレーション比較した。その際の条件は、対人対物補償・搭乗者傷害補償はアリで、年間平均走行距離は約5,000キロ以下、日常レジャー使用で東京在住とした。20歳のみブルー免許とし、他の年齢ではゴールド免許と仮定した。さらに50歳は250cc以下のバイクの保険料で比較した ※ライダーの平均年齢が48歳のため

名称 アクサ
バイク保険
三井
総合バイク保険
チューリッヒ
スーパーバイク
富士火災
FAI
全労済
マイカー共済
(二輪用)
共栄火災
タンデム
東京海上
TAP
対人賠償
対物賠償
人身傷害 選択※ 選択※ 選択 選択 選択 選択
搭乗者傷害 選択※ 選択※ 選択 選択 選択 選択
車両補償 - - - × × 選択
ロード -
割引 走行距離
免許
ネット割引
ネット割引 走行距離
ネット割引
継続割引
- - 継続割引 -
オリコン 2位 1位 3位 ランク外 対象外 4位 5位
20歳
(ブルー)
\28,110 \33,060 \65,950 \51,600
(\33,270)
\27,760
(\8,280)
\40,390~
30歳
(ゴールド)
\14,190 \17,200 \22,180 \29,100
(\15,600)
\27,760
(\8,280)
\22,290~
40歳
(ゴールド)
\14,190 \17,200 \22,170 \29,100
(\15,600)
\27,760
(\8,280)
\22,290~
50歳
(250 cc)
\20,080 \24,220 \22,220 \37,510
(\25,020)
\63,440
(\26,990)
\31,310~
バイク保険の比較表(アクサ・三井・チューリッヒ・富士火災・全労済・共栄火災・東京海上)

上図で右から3番目の全労済のマイカー共済(二輪車用)だが、基本補償は前述した通り対人・対物(+自損事故)のみで残りの補償は選択できる。同様の仕組みを採用しているのは富士火災・共栄火災のみで、ネット系損保では、どちらかを必ず付帯しなければならず、その意味では自在性が高い。それ以外では車両保険が利用できない点は改めて抑えておきたいが、それ以外には特筆すべき点は見当たらない。

保険料(共済の場合は共済掛け金)では他社同様に搭乗者傷害を付帯した場合、まず20歳の額が他社よりも安価な点に目がいく。アクサダイレクトとの差は数百円だが、それ以外のバイクほけとは最大2倍以上の価格差がある。20歳以下なら検討の余地は十分にある。それ以外の年齢では保険料のメリットは薄く、逆に50歳以上のライダーだと他社の3倍近い保険料となる点に注意が必要だ。ただし、搭乗者傷害・人身傷害を削減すると1万円を切る破格の保険料になる。最安値のアクサと比較しても6千円の差額があり、保険料を徹底的に削減したいならベストといえる。

結論としては、徹底的に保険料を削減したいならオススメのバイク保険だ。圧倒的な安さで他社が差を埋めてくるのも不可能だろう。ただし、自分のケガに対する補償、ロードサービス・宿泊帰宅費補償等が無い、満足度調査で対象外で実態が見えにくい点など不安な点もある。保険料を削減した分は自分で他の保険・カードでリスクヘッジをしておくのが賢明だ。