日新火災 住宅安心保険/ 火災保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

日新火災海上保険
オススメ度:
2
保険会社:
日新火災海上保険
名称:
住宅安心保険
基本補償:
火災・風水災・盗難・破損
サービス:
カギ・水回りの補修
割引:
-
特徴:
さまざまな補償で、日常生活の<まさか>からお守りします

日新火災 住宅安心保険は罹災時安心サポートのようなサービスもあるが!?

日新火災 住宅安心保険は、東京海上グループの中堅の日新火災海上保険が販売している火災保険だ。中堅らしく罹災時安心サポートのような他社には無いサービスも存在している。以下、日新火災 住宅安心保険の概要を記載し他社と比較する。

日新火災 住宅安心保険の補償内容・付帯サービスなど

まず基本補償は大手の損保会社と同様に、火災・風水災・盗難などが補償される。他社と異なり破損汚損まで基本補償に入っている点では補償は広めと言えなくもない。また特約でも、他人の物を壊した際に保険金が支払われる「個人賠償責任特約」、隣家へ延焼した際の「類焼補償特約」、火災で当面は住む家が無くなってホテル住まいになった場合の「仮住まい費用補償特約」などがある。特約では他社とほぼ同内容で目立った点は無い。

一方で、他社には見受けられない「罹災時安心サポート」というサービスがある。これは火災が起きて日新火災に連絡すると、翌営業日までに事故対応の専門家が現場に駆けつけてくれるもので、さらに事故後の手続き・アドバイスだけでなく、片付け掃除セットが渡され、現場検証で損害が100万円以上と確認された場合に現場で10万円が先行して渡される。仮に火災で全てが燃えれば、当面の宿泊費・食費・衣服を手持ちの現金で賄う必要があるため、その利用価値は十分にあるといえよう。

次に、下図で各社の火災保険を、補償内容では火災・風水災・破損・個人賠償が基本補償か否か、カギ/水回りのトラブル対応等のサポートサービスが選択できるかを比較した。さらに保険料面では、建物に2,000万円・家財に1,000万円を設定した場合のT構造(コンクリート造り)・H構造(木造)の1年の保険料を比較した。

その際にはスタンダードプランを採用し、風水災・盗難・水濡れは補償内として特約は全て割愛した。※便宜上、東京海上・アメリカンホームの建物への設定額は各々1,500万・1,000万円となっているため注意してもらいたい。

名称 東京海上
トータルA
三井住友
GKすまい
損保ジャパン
ほ~む
アメホ
安心プラン
セコム
マイホーム
セゾン
えらべる保険
日新火災
住宅安心
全労済
火災共済
火災
風水災 選択
盗難 選択 選択
水濡れ 選択
破損 別プラン 別プラン 別プラン 選択 -
個人賠償 特約 特約 特約 特約 特約 特約 特約
カギ
水回り

一部自己負担

一部自己負担

一部自己負担
- - -
一部自己負担
-
その他 災害常備品
サービス
- 評価済保険
(再調達額)
ストーカー 豊富な割引 高い自由度 罹災時
駆けつけ
ケガ・地震
風呂空焚き
T構造 \28,780 \28,570 \20,160 \22,790 \26,000 \20,720
H構造 \54,990 \57,240 \56,350 \42,480 \44,840 \57,900 \33,320
火災保険・住宅総合保険の比較表(東京海上・三井住友・損保ジャパン・アメホ・セコム・セゾン・日新火災・全労済)

上図で右から2番目の日新火災の住宅安心保険を他社比較すると、破損(免責金額1万円)が基本補償に含まれている点で他社とは異なる点が浮かび上がる。他社の免責金額では3万円が多い点から考えれば破損でも保険は使いやすいといえる。平均モデルを使った保険料のシミュレーション比較では、webで保険料が算出できず比較はできていない。東京海上グループという点からして他社よりも有利な保険料が出てくる可能性は低い。割引項目が多いわけでもなく、保険労削減が目当てだと望みは薄そうだ。

結論としては、取り立てて他社よりも秀でているのは罹災時サービスぐらいのもので、その一点で他社より魅力的にに感じるなら悪くはないが、内容を他社比較して特にオススメできる火災保険というわけでもない。補償範囲を絞って保険料を節約したい人ならセゾン・AIU保険、過度に補償内容は削らずに少しだけでも保険料を節約したいならセコム損保・全労済あたりを検討するのが賢明だろう。