au損保 あ・う・て交通事故(スタンダード傷害保険)/ 自転車保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

au損保 あ・う・て交通事故(スタンダード傷害保険)
オススメ度:
3
保険会社:
au損害保険
名称:
あ・う・て交通事故(スタンダード傷害保険)
補償範囲:
交通事故
賠償責任:
最大1億円
示談交渉:
ナシ
特徴:
通勤・通学も安心!交通事故によるケガを補償します

au損保 あ・う・て交通事故は自転車事故に備えるというよりは!

au損保 あ・う・て交通事故は、交通事故によるケガの補償及び加害者となった場合の個人賠償が付帯している保険だ。au損保には自転車専用の保険「バイクル」があるが、補償範囲が自転車利用中か否か、示談交渉が付帯しているか否か等で差異がある。以下、同社の保険の概要を記載し、他社の自転車保険・自転車向けの傷害保険と比較する。

au損保あ・う・て交通事故(スタンダード傷害保険)の保険料・保険金・補償内容・サービスなど

まず補償範囲だが、前述したように自転車事故だけでなく交通事故全般で補償が受けられる。契約者がケガをした場合には、死亡保険金から入通院保険金の入通院日額が日数に応じて受け取れる。加害者となった場合には、個人賠償責任補償で最大1億円の補償がある。さらに、自転車のロードサービスが付帯しており、サイクリングの最中に自転車が大破しても自転車を10kmまで無料で搬送してくれる。ただし、自動車のロードサービスのように帰宅宿泊費用まではサポートされない。さらに注意したいのは示談交渉が付帯していない点だ。加害者となり個人賠償責任補償を利用するにしても被害者とは直談判しなければならない。

保険料だが、3つのプラン(ブロンズ・シルバー・ゴールド)によって差異がある。自転車の高額賠償の事例では賠償額が1億円手前になったケースがある点を鑑みれば、シルバープラン以上にした方が賢明だ。また、前述したように示談交渉サービスがないため直談判になるが、弁護士を雇って対応する手もある。その費用をカバーするのがゴールドプランで、各保険金の上限額よりは、それらを付帯するか否かを軸にシルバーかゴールドを選択する必要がある。2プランの差額は個人型で4,000円、家族型で6,000円となっている。弁護士が交渉すると10万円以上は固いため、学生の6年間の通学ために加入するならゴールドにするのも悪くはない。

下図では各社の自転車保険を、補償内容は補償範囲・補償対象に加え、個人賠償・死亡保険金・入院日額・通院日額の上限額を比較した。さらに自転車保険を単体で契約する場合には、自動車保険に個人賠償責任補償特約を付帯する場合と異なり示談サービスの有無が、いざという時に肝要なため併せて記述した。

保険料面では、各社が設けるプランの中で最もスタンダードなものを採用し、家族型ではなく一般的に保険料が安価な個人型の金額を、月払い・年払いの金額で比較した。

名称 au
交通事故
au
バイクル
セブン
自転車
三井住友
サイクル
エアーリンク
自転車
イオン
自転車
ジャパン
少額短期
ちゃりぽ
あいおい
タフ
チューリッヒ
傷害Lite
補償範囲 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 自転車 自転車 交通事故 交通事故
補償対象 本人/家族 本人/家族 本人/家族 本人/家族他 本人 本人 本人 本人/家族 本人/家族
個人賠償 1億 1億 1億 1億 1億 1,000万 1,000万 1億 5,000万
死亡
保険金
400万 400万
(800万)
400万 500万 305万 - 300万 300万 500万
(3,000万)
入院日額 6,000円 6,000円
(12,000円)
6,000円 2,000円 3,000円 4,000円 6,000円 3,000円 5,000円
通院日額 1,000円 1,000円
(2,000円)
- 1,000円 - - - 3,000円 (1,500円)
示談 - - - - -
保険料
(月額)
460円 580円 350円 450円 300円 295円 240円 660円 570円
保険料
(年額)
5,520円 6,910円 4,160円 5,120円 3,600円 3,550円 2,900円 7,550円 6,880円
(1,340円)
自転車保険の比較表(au・セブン・三井住友・エアーリンク・イオン・ちゃりぽ・エース・JCA)

上図で1番左のあ・う・て交通事故(シルバープラン)だが、保険金の上限額を見ていくと死亡保険金こそ他社に劣る面があるが、それ以外の金額では総じて優秀といえる。特に入院日額がトップクラス、通院日額は付帯していない保険会社がある点を鑑みれば、1,000円でも無いよりはいい。ただし、前述したように示談交渉サービスが付帯していない点は注意を要する。

保険料だが、月額460円・年額5,520円となっているが、他社比較すると平均ないしは若干高額な部類に入ることになる。ただ、同じく示談交渉なしで入院/通院日額が同額程度は付帯しているチューリッヒと比較すると安価なため、同内容の保険の中では保険料は安めとも考えられる。交通事故全般をカバーするとすれば悪い内容ではない。

結論としては、自転車だけでなく交通事故全般をカバーしたい人なら悪くはない保険といえる。ただし、示談交渉が付帯していないため、加害者になった場合というよりは自分のケガに対する補償を受ける保険という側面が強いのも確かだ。自転車事故に備えるよりは、交通事故全般に備えたい人なら検討の余地はある。その一方で、自転車のみの補償を求める人、保険料を徹底的に削減しながら一定の補償を得たいような人は、他社の保険を検討した方が賢明だろう。