エース損保 自転車でも安心(安心シリーズ)/ 自転車保険の保険料・補償内容・サービスを評価 レビュー

エース損保 自転車でも安心(安心シリーズ・天災危険補償特約付帯普通傷害保険)
オススメ度:
2
保険会社:
エース損保
名称:
自転車でも安心(安心シリーズ・天災危険補償特約付帯普通傷害保険)
補償範囲:
交通事故
賠償責任:
最大5,000万円
示談交渉:
なし
特徴:
お手頃な保険料で、あなたの自転車ライフをサポートします。

エース損保 自転車でも安心は補償は充実しているが、ここまで・・・?

エース損保 自転車でも安心(天災危険補償特約付帯普通傷害保険)は安心シリーズの保険の1つで、他に「これで安心」という疾病補償特約付帯普通傷害保険もある。以下、同社の自転車保険の概要を記載し、他社の自転車保険と比較する。

エース損保 自転車でも安心(安心シリーズ・天災危険補償特約付帯普通傷害保険)の保険料・保険金・補償内容・サービスなど

まず抑えておきたいのが、この保険は自転車保険でもなく交通傷害保険でもなく、普通傷害保険である点だ。そのため、補償範囲は自転車事故に限らず交通事故にも限定されない。何かしらの事故で怪我をすれば補償を受けられる。それは仕事中に誤って捻挫をしたといった場合の治療費も保険金が受け取れる。そのため他社の自転車向け保険よりも活用する(保険金を受け取る)シーンは多く、カバーする範囲は広いといえる。

補償内容は死亡時の死亡保険金、入通院時には日数に応じて入通院日額分の保険金、さらに他人にケガを負わせた場合の個人賠償責任補償がある。その中でも交通事故に限っては保険金が2倍になるため、エース損保では自転車向けの保険と謳っている。さらに他社が付帯していない治療諸費用・携行品損害補償も付帯している。保険料は、他社のように本人・夫婦・家族といった区別はなされず本人契約のみで、さらに職業によって保険料に差異がある。これは前述した通り交通事故以外の仕事中でも保険金が支払われるため危険のある職業(建設土木業等)では保険料が値上がりする。

下図では各社の自転車保険を、補償内容は補償範囲・補償対象に加え、個人賠償・死亡保険金・入院日額・通院日額の上限額を比較した。さらに自転車保険を単体で契約する場合には、自動車保険に個人賠償責任補償特約を付帯する場合と異なり示談サービスの有無が、いざという時に肝要なため併せて記述した。

保険料面では、各社が設けるプランの中で最もスタンダードなものを採用し、家族型ではなく一般的に保険料が安価な個人型の金額を、月払い・年払いの金額で比較した。

名称 au
交通事故
au
バイクル
セブン
自転車
三井住友
サイクル
エアーリンク
自転車
イオン
自転車
ジャパン
少額短期
ちゃりぽ
エース
自転車
JCA
自転車
補償範囲 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 交通事故 自転車 自転車 傷害全般 自転車
補償対象 本人/家族 本人/家族 本人/家族 本人/家族他 本人 本人 本人 本人 本人
個人賠償 1億 1億 1億 1億 1億 1,000万 1,000万 5,000万 1億
死亡
保険金
400万 400万
(800万)
400万 500万 305万 - 300万 1,000万 272万
入院日額 6,000円 6,000円
(12,000円)
6,000円 2,000円 3,000円 4,000円 6,000円 10,000円 4,000円
通院日額 1,000円 1,000円
(2,000円)
- 1,000円 - - - 4,000円 -
示談 - - - -
保険料
(月額)
460円 580円 350円 450円 300円 295円 240円 2,460円
(830円)
250円
(660円)
保険料
(年額)
5,520円 6,910円 4,160円 5,120円 3,600円 3,550円 2,900円 26,760円
(9,950円)
3,000円
(8,000円)
自転車保険の比較表(au・セブン・三井住友・エアーリンク・イオン・ちゃりぽ・エース・JCA)

上図で右から2番目のエース損保 自転車向け保険だが、個人賠償責任補償の額が他社の半額だが、それ以外の死亡保険金・入院日額・通院日額では他社よりも明らかに充実している。その一方、示談交渉サービスが付帯していない点が物足りない。

保険料だが、Bプランでは月額2,460円・年額26,280円で他社と比較すると圧倒的に高額だ。これは補償範囲が広い点もあるが、各保険金額が他社より高い点も要因の1つだ。一応、補償が最も縮小させたDプランにすると月額830円まで保険料は下がるが、それでも他社よりは明らかに高額だ。

結論としては、補償面の充実度では評価できるが如何ともし難い。こと自転車保険という意味に焦点を当てると保険料が高すぎる感が否めず、普通傷害まで補償範囲を広げる意味があるかも疑問だ。もしも交通事故だけでなくケガ全般をサポートしたいなら検討の余地はあるが、自転車事故をカバーしたいなら他の保険を選択した方が保険料も抑えられるためオススメだ。