ジョーシンクレジット&ポイントカード/ 家電量販店の割引優待・ポイント獲得の比較

ジョーシンクレジット&ポイントカード
オススメ度:
3
名称:
ジョーシン クレジット&ポイントカード
年会費:
無料
優待店:
JOSHIN各店
通常ポイント:
100円 → 0.5円割引(0.5%)
優待ポイント:
100円 → 10.5円割引(10.5%)
ボーナス:
-

ジョーシン クレジット&ポイントカードはJOSHIN専用カードとしても優秀

ジョーシン クレジット&ポイントカードは、ジョーシンでの買い物で10%分のポイント(商品によっては10%以下になる場合もある)、それ以外での買い物は0.5%分のポイントが貯まる。ジョーシンでの買い物は有利だが、それ以外での買い物のポイント還元率は他社よりく低めだ。以下、家電量販店で割引・キャッシュバックできるカードと数字・サービスで比較した。

さて、このカードのメリット/注目すべきサービスは下記3点が挙げられる。

  • ・ジョーシンでの買い物は10.5%分のポイントを付与
  • ・ワンワンクレジットなどの低金利な支払い
  • ・5年と10年の長期修理保証

逆に利用するに際してのデメリット/注意点は下記3点がある。

  • ・長期補償の年数は商品によって異なる
  • ・ポイントは有効期限が1年間で、利用があれば随時延長
  • ・他社比較のシミュレーションでは、家電量販店での買い物はナンバー2の効率で優秀(後述)
ジョーシンクレジット&ポイントカードのポイントサービス及び長期保証

まずポイントについてだが、ジョーシンでの買い物は店頭で表示されているポイントが貯まる他、このカードで決済することでプラス0.5%分のポイントが追加される。計10.5%分のポイント、すなわち100円決済で10.5円分の割引きが受けられる計算だ。

また、幾つかの分割払いのスタイルがあるが、その中でもワンワンクレジットという支払いが低金利でメリットがある。5万円以上のテレビ・レコーダーなどの縛りがあるが、12回払い(1年払い)でも金利が1%と異様に低いのが特徴だ。

また、他社と同様に、長期保証は保証対象になる商品によって年数は異なるが、3~10年の長期修理保証をしてくれる。メーカー保証期間を含んでいるため、実質はマイナス1年程度の年数になる。

次に、他社カードと年会費・ポイントの割引換算に加え、年間50万円/100万円を使用した場合の割引額、左記から年会費を差し引いた割引額を比較した。各家電量販店での買い物はポイント優待かボーナスが存在するため、その点も加味した。年会費も考慮したポイントによるキャッシュバック額は下記の式で計算した。
ポイントによるキャッシュバック額= (50万×ポイント還元率)- 年会費
上記に家電量販店の買い物を考慮= 上記 +(10万円×ボーナス還元率)

名称 ヤマダ
ANA
セゾン
ヤマダ
UC
ヤマダ
UC
ゴールド
ビック
Suica
ビック
international
ビック
JMB
WAON
ゴールド
ポイント
プラス
ベスト
カード
エディオン ジョーシン
クレジット
ポイント
デザイン ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード・セゾンアメリカンエキスプレスカード ヤマダLABIカード ヤマダLABIゴールドカード ビックカメラSuicaカード ビックカード インターナショナル ビックカメラ JMB WAONカード ゴールドポイントカード・プラス(ヨドバシカメラ) ベストカード エディオンカード ジョーシンクレジット&ポイントカード
年会費 無料 無料 \10,500 無料 無料 無料 無料 無料 \1,029 無料
P通常店
ポイント
還元率
0.5% 0.5% 0.5% 1% 1% - 1% 0.5% 1% 0.5%
家電店
ポイント
還元率
10.5% 10% 11.5% 10% 9% 10% 11% 1.5% 5% 10.5%
電子マネー Edy - - Suica - WAON Edy - Suica -
50万
通常店のみ
\2,500 \2,500 -\8,000 \5,000 \5,000 - \5,000 \2,500 \3,971 \2,500
10万
家電店のみ
\10,500 \10,000 \1,000 \10,000 \9,000 \10,000 \11,000 \1,500 \3,971 \10,500
1年50万
+家電店
10万
\13,000 \12,500 \3,500 \15,000 \14,000 \10,000 \16,000 \4,000 \8,971 \13,000
1年100万
+家電店
20万
\26,000 \25,000 \17,500 \30,000 \28,000 \20,000 \32,000 \8,000 \18,971 \26,000
家電量販店でポイントが貯まりやすいカードの比較表(ヤマダLABI ANAマイレージカード・ヤマダUC・ヤマダUCゴールド・ビックSuica・ビックinternational・ビックJMB WAON・ゴールドポイントプレミアム・ベストカード・ジョーシンクレジットポイント)

上図の通り「ジョーシンクレジット&ポイントカード」は他カードと比較すると、ジョーシン以外での買い物はポイント還元率は低いが、ジョーシンでの買い物は優秀だ。ヤマダのゴールドは年会費が高く除外するとすると、実質はヨドバシのゴールドポイントカードに次いでお得といえる。ただし、電子マネーには対応していないため、電子マネー分だけで差は広がるかもしれないが。。。

結論としては、ジョーシンで買い物をするなら間違いなくオススメだ。また、年会費が完全無料で年1回の利用も不要なため、ジョーシン専用カードとして保有するのも可能だ。ただし、ポイントの有効期限は利用が無ければ1年で失効するため、放置するにもポイントは買い物の度に、逐一で消費していった方がいい。

ただし、ジョーシンが近所や自分の行動範囲に無い場合には、同様にポイント還元率が高いヨドバシの「ゴールドポイントカード」や、ビックカメラの「ビックSuica」も検討したいところだ。両店とも対象外なら、ヤマダのヤマダANAセゾンも悪くない。数字は同等だが、Edy対応になっている分だけポイントは貯まりやすくなっている。